スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【 しくじり先生と協力隊報告会 ~目標を正確に立てる前にまず動くこと、そして・・ 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【 しくじり先生と協力隊報告会 ~目標を正確に立てる前にまず動くこと、そして・・ 】

21(土)は、
弊社主催、国産材ビジネスセミナー最終回でした。
「利益を生み出すビジネスモデルを作ろう!~千円の柱を10万円で売る方法~」

ゲストは、岐阜県東白川村で林業・製材業を経営する
株式会社山共 代表取締役田口氏。
私と同い年で、ちょうどこの日が30代最後の日。

彼が社長になって、10年、当時に比べて売り上げは倍増。
私と出会って8年、コンサルティングを行ったのは、そのころ。
いまはclubプレミアム国産材の主力メンバー。

そんな彼が、
テレビ「しくじり先生」になぞらえた
プレゼン方法で、成功と失敗(苦労)そこからの学び
(10年間のチャレンジ)を披露いただきました。

また、
田舎で暮らす意味合いというところでは、ビジネスだけでなく、
消防、地歌舞伎、PTAの活動、飲み会、
といった地域での諸活動を、
結果ローカルでビジネスをやることにおける、
いわゆる「「楽しき」残業」のようなものとたとえ、、
地域での時間の使い方や、自治の大切さも、話されつつ、東京と地方を往復する
カントリージェントルマンを目指すという「楽しさ」を
レクチャーいただきました。

「Aという提案をやってみて、うまくいかなかった、疲れた、
しかし、次にBという課題がみつかった、
Bをやっていくと、新しい発見ができ、
結果Aをやっていたことがすごく役に立ったり、
Cという学び(地域連携)という現状が、いまある。」

まさに、やらずして、何も起こらない、動くことの大切さをレクチャーいただき、
受講者の中でも、独立や起業を目指す人たちに大きなヒントを提供することとなりました。
田口様ありがとうございます!

22日(日)は、
地域おこし協力隊 報告会@川上村でした。

国会議員、総務省役人、県庁職員も来賓におこしいただき、
村民向けの地域おこし協力隊7名/地域支援員3名の、
プレゼンテーション。

去年に引き続いて2回目。
明らかに異なるのは、

①事業の明確化と
②実績の積み上げ
③今後のビジョン

が各プロジェクト、各事業、各チームごとにあったことです。

100mを走ったことがない人に、
目標は何秒にする!?といっても、まったくわからないもの。

まず、一度走ってみる。
すると12秒だった。
だったら、次は11秒を目指そうとなります。

ローカルベンチャーも然りです。
やったことないことにチャレンジするとき、
とりあえずの目標は立てられますが、
「まず、走る」ということができない限り、
目標は精度高く立てられないものです。

立ち上げの苦労では、
100m走ろうとしたら、
実は200m走らなきゃいけなかったとか、
50mで済んでしまうということもありえます。

それでいいんです。

ただ、明らかに、
田口氏の講演にもありましたが、

しくじり(失敗)→(まなび)→(成功)→またしくじり

の繰り返しが、結果的に、成功に近づくこととなるわけです。
それは、素直、勉強好き、プラス発想に尽きるものと思います。

だからこそ、いまがある、
以下、本日の学び(竹中氏からの学び)も含めて、
私自身、お客様(アドバイスする先)から、学ぶことが多く
感謝であります。

学び
━┛―――――――――――――――――――――――――
(ヒマラヤ登山からの3つの学び)


今回、2か月間、日本を離れ、
ヒマラヤの未踏峰に登った、協力隊の竹中くんの報告もありました。

彼が、ただ自分の趣味だけでなく、何をここから学んだのか
というところは、極めて大きな学びとなりました。

登り方が100%こうだと決まっているわけでない、
天候不良、実地の読みの差、色々な課題がぶち当たる、
未踏だからこそ、わからないことが多い、
課題というものは、与えられるものではなく、自分でみつけていくものだ。

そして、結局、俺は逃げないという人の存在がいかに大事か
リーダーシップとは何かを学んだと。

そして、最後は、結局、世界の山を見れば見るほど、
日本の山の良さに気づくということ。

まさに、雪の中に溶け込む、
絶景、絶叫なる絶壁の山の写真で、
最後、まさかの頂上で「川上村の村旗」を立てた写真は、
なにかジーンと来るものがありました。


1課題は自分で見つけるもの。

2リーダーシップ
 (俺は逃げないという人の存在)

3日本の山のよさ
 (暮らしの後、石垣、自然・・・)

学びを、ありがとうございました。
編集 / 2017.01.23 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【 しくじり先生と協力隊報告会 ~目標を正確に立てる前にまず動くこと、そして・・ 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【 しくじり先生と協力隊報告会 ~目標を正確に立てる前にまず動くこと、そして・・ 】

21(土)は、
弊社主催、国産材ビジネスセミナー最終回でした。
「利益を生み出すビジネスモデルを作ろう!~千円の柱を10万円で売る方法~」

ゲストは、岐阜県東白川村で林業・製材業を経営する
株式会社山共 代表取締役田口氏。
私と同い年で、ちょうどこの日が30代最後の日。

彼が社長になって、10年、当時に比べて売り上げは○%増。
私と出会って8年、コンサルティングを行ったのは、そのころ。
いまはclubプレミアム国産材の主力メンバーです。

そんな彼が、
テレビ「しくじり先生」になぞらえた
プレゼン方法で、成功と失敗(苦労)そこからの学び
(10年間のチャレンジ)を披露いただきました。

また、
田舎で暮らす意味合いというところでは、ビジネスだけでなく、
消防、地歌舞伎、PTAの活動、飲み会、
といった地域での諸活動を、
結果ローカルでビジネスをやることにおける、
いわゆる「「楽しき」残業」のようなものとたとえ、、
地域での時間の使い方や、自治の大切さも、話されつつ、東京と地方を往復する
カントリージェントルマンを目指すという「楽しさ」を
レクチャーいただきました。

「Aという提案をやってみて、うまくいかなかった、疲れた、
しかし、次にBという課題がみつかった、
Bをやっていくと、新しい発見ができ、
結果Aをやっていたことがすごく役に立ったり、
Cという学び(地域連携)という現状が、いまある。」

まさに、やらずして、何も起こらない、
動くことの大切さをレクチャーいただき、
受講者の中でも、独立や起業を目指す人たちに
大きなヒントを提供することとなりました。


22日(日)
地域おこし協力隊 報告会@川上村です。

国会議員、総務省役人、県庁職員も来賓におこしいただき、
村民向けの地域おこし協力隊7名/地域支援員3名の、
プレゼンテーション。

去年に引き続いて2回目。
明らかに異なるのは、

①事業の明確化と
②実績の積み上げ
③今後のビジョン

が各プロジェクト、各事業、各チームごとにあったことです。

100mを走ったことがない人に、
目標は何秒にする!?といっても、まったくわからないもの。

まず、一度走ってみる。
すると12秒だった。
だったら、次は11秒を目指そうとなります。

ローカルなる事業(ベンチャー)も然りです。
やったことないことにチャレンジするとき、
とりあえずの目標は立てられますが、
「まず、走る」ということができない限り、
目標は精度高く立てられないものです。

立ち上げの苦労では、
100m走ろうとしたら、
実は200m走らなきゃいけなかったとか、
50mで済んでしまうということもありえます。

それでいいんです。

ただ、明らかに、
田口氏の講演にもありましたが、

しくじり(失敗)→(まなび)→(成功)→またしくじり

の繰り返しが、結果的に、
成功に近づくこととなるわけです。

それは、すなわち、
素直、勉強好き、プラス発想に尽きるものと思います。

だからこそ、いまがある、
以下、本日の学び(竹中氏からの学び)も含めて、
私自身、お客様(アドバイスする先)から、学ぶことが多く感謝であります。
編集 / 2017.01.22 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【忘年会での面白さを知る、3つの軸 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【忘年会での面白さを知る、3つの軸 】

昨日は、川上村・宮の平地区の忘年会で、
クイズ大会やら、ビンゴやらと楽しい時間を過ごせました。
地区の皆様、ありがとうございました。

ということで、
12月、お酒のシーズンですね。

いろいろな忘年会に参加されると思いますが、
その忘年会が望年会になるために、
色々なグループごとの「雰囲気」が違う中で、
どういう時間・仲間・空間を大事にしたいか。

飲み会だけに限りませんが、
人の話というものを3つの視点でお伝えします。


<1>
『過去、現在、未来』

過去の話ばかりですか?
現在の話をしてますか?
未来の話もしていますか?

ということですが、

時間軸で3つに分けるとどの話が多かったですか?
好んで、昔の歴史の話を聞くのは大好きですが、
昔取った杵柄(きねづか)の話ばかりですか?
いま一生懸命になっていることですか?
将来の夢、ビジョン、あしたのことですか?

楽しいお酒の話題時間は、
その参加者の年齢層にもよりますが、
イイバランスで過ごしたいものです。


<2>
2つめは、長所短所の視点です。

これは、
ひととなり、キャラクターのことなんですが、

話をするとき、話を聞くとき、

自分の いいとこ わるいとこ
相手の いいとこ わるいとこ

2×2の4つの事象があります。

自分の ①いいとこ ②わるいとこ
相手の ③いいとこ ④わるいとこ

「人の悪口をあなたに言う人は、
 あなたの悪口も人に言う」

ということも含め、
当の本人にアドバイスとして言っている場合は別として、
飲んだら、外で、はけ口を言うのももちろんたまには大事ですが、


最悪な忘年会(飲み会)は、

①自分のいいとこ と
④相手(他人)のわるいとこ

しか言わない人たちです。
以外と自分だったりするものです。

長所伸展!からの、課題発見と対応ですね。



<3>

3つ目は、
マジメかバカか、
というようなものです。

笑いって大事ですよね。
上手く言えませんが、ボケとツッコミといいますか、
冗談とホンキと言いますか、

この人、どっちだろ?みたいなギャップといいますか。

笑ってくれるけど、冗談しか言わない、バカしか言わない、
笑わなくって、真面目なことしか言わない、

ってのは、
疲れてしまいます。

相手やそのグループの質に寄りますが、
真面目―な話と、冗談まじりのオモロイ話、どっちが多いですか?


まとめてみます。


1.過去、現在、未来(時間軸)
2.自分と他人×良い点・悪い点 (長所短所軸)
3.マジメ×バカ(笑い軸)


忘年会が望年会になるっ。
で、
地域を面白く使用!地域を変よう!なんて思っている人は、
自然と、このバランスが上手なひとだったりもします。
老若男女関係なく。

Think globally Act Locally

という言葉から、

Think globally Drink Locally

という言葉で、今日も一日楽しく!
皆さんにはどんな軸がありますか。

(追伸)
ちなみに私は、
割り箸の袋の裏に、
地域の諸先輩の面白い話をメモって
寝る前、翌朝に振り返るというのを習慣化しています。
呑んで忘れてはもったいない話がいっぱいなので。
編集 / 2016.12.09 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【カズと石浦関と私。  】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【カズと石浦関と私。  】


顧客の納期、上司の納期、自分の納期

納期には3つある。
しかし、結局は1つしかないんです。
自分がやるので、自分で厳しく、守るということです。

で、カッコイイなって思うのは、
天性の才能とかDNAとかあるとおもうけど、
それじゃなくて、
自分との約束を守り、守り続け、気づいたら、
自分のカラを破っていく人。


カズ選手すごいな。

今日のゴンさんとの共同でのプーマの新商品発表イベントで

「アモーレって言葉、俺は前から使ってたんだ。」

っと長友選手の幸せデレデレ感に、
先輩としてチャチャ入れるような話もありましたが、

49歳でJリーガー最年長得点の記録をもつなかで、
「今後の目標は?」といわれると、
今年50歳になる彼は、
またさらっとこういっていました。


「他人がどうとかじゃなく、
  自分に挑戦することだけです。」

という。

相変わらずカッコイイ。
カズ語録またでましたね。

同じく、
報道ステーションである力士の特集をやっていたのですが、
身長173cm、体重115kg という小柄な体系。
舞の海の再来かといわれる石浦関というそうです。

内幕で破竹の10連勝で九州場所を沸かせた。

大学3年で病気のため体重が30キロ以上激減。

力士をあきらめ、オーストラリアへ語学留学を行う。
しかし、気づくと相撲のことばかりを考えていた。
オーストラリアからすぐに帰国し、22歳で各界入へ。
憧れの白鵬がいる部屋へ入り、稽古に励む。

また、相撲界では一日に2回の食事が常識だが、
ダルビッシュ有を参考に食事を5回とることで体重を増やし、戦える体に。
最後に、理想の力士像についてこういっていました。


「優勝する相撲さんではなく、
 7勝8敗とか8勝7敗とかでもいいから、
 優勝するお相撲さんを倒すお相撲さんになりたい。」

とというコメントに、なぜか身震いを覚えました。
常勝が好きというよりも、ちょっと欠点はあるけれど、
何か一点に強いという人を応援したくなるのは何故だろう。

本日、
弊社の社員3名にメッセージを伝えました。

自分がどうなりたいか、何が好きかということ、もちろん大事にしたい。

だけど、
とにかく目の前の自分のことをやりぬくこと。
自分の型は自ずとできてくる。

最後はいつも自分への約束を破らない自分づくり。
自分(古川)は・・・ダメですね・・・涙。
以下Facebookで広がっている文書ですが、自分にいいきかせ、
引き締めていきたいと思います。

・「ほんの少しの違い」
http://corobuzz.com/archives/83709

できない人は言葉で説得し
できる人は行動で説得する
できない人は話したがり
できる人は聞きたがる
できない人はお金を求め
できる人は・・・・
編集 / 2016.12.02 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【 今の自分は自分じゃないという過去。】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【 今の自分は自分じゃないという過去。】


岡山県の
佐用駅から姫路駅まで、ローカル列車1車輛のみ。

その車輛、私たち以外、
全員高校生の満員電車にほぼ1時間。
20~30人の学生に囲まれながら、
自分の高校時代って何だったろうと振り返っていました。

私は、男女併学という、2年生までは男子だけで、
3年生になったら女子も一緒の成績順の授業クラスを受ける不思議な高校で、
1学年1600人もいるマンモス高校時代。

あのライバルがいたからというブラスバンドの友人を思い出し、
でも、自分の目標って、自分が決めたわけでなく、
なにか「受験=すべて」の世界で「ライバルに勝つ」
だけの狭い世界観だったなと。

ただ、
その時はその時で幸せだったのかなと思い振り返りました。

その後の大学である意味の自由を得た私は、
蹴球5日が標語の週5回のサッカー部に燃えますが、
現役引退後の20代の前半、苦しみます。

こんな自分じゃなかった
私はなんで大学いったんだろう
夢に毎度、また受験をしている夢を見て、
今の自分は自分ではないということを
必死に作ろうとしていました。

何度も同じ夢を見て
それも悪夢ばかりで、
ブラックジャックを読めば、医学部の受験をしてる夢、
動物のお医者さんを読めば、獣医学部を受験している夢、
Jリーグの試合を見たら、サッカーをやっている夢

はっ!て気づいて、起きても、今の自分が、自分じゃないって
必死に思ってもがき、苦しんでいました。

大学院って時間があって、暇ですし、
自己責任ですから、朝苦しんで寝てても誰もいわない。
だからもう一度寝て、その夢を見る。

しょっちゅうでした。
そのころ大学の同期は、社会でガンガン働いて稼いで・・・

「おまえ、川上村ってとこ行って、楽しいらしいじゃん!」

そう、楽しかった、
でも、自分が何で食うか、見えなかった。

そんな悪夢から完全に解放されたのは、
実は30歳になるころだったかもしれません。


1.自分で選んだ道というのができたこと
  (川上村に自分でいったということ)
かつ

2.それでもその方向の仲間(先輩)から(厳しい指導)を受けたこと
  (船井総研で激務を繰り返したこと)

かつ

3.自分に厳しい世界で「ありがとう」を言われたこと
 (お客様に感謝されたこと)


「あぁ、
 僕はブラックジャックにならなくてよかったんだってw」

自己防衛なのか、強引な納得なのか。
それでも、苦悩と喜びの繰り返し。

すなわち、まよいながらも
「無期限の暫定的状況」から打破できたとき、
現実と非現実が分からなくなる自分というのはいなくなりました。

深夜、テレビをつけました。

明石家さんまの番組で「あかん」か「かまへん」街頭インタビュー


「旦那が、現在の生活を捨てでも、転職すると入ったら?」


ということに、

奥さま

あかん 60%
かまへん 40% 

くらいだっでしょうか、
生活を守るのが大事なのよ!と叫ぶ奥様と
やりたいことをやらない人生はお互い不幸よ!とひとと

若いスタジオの女性が

「パパが、デザイナーの仕事を辞めて、画家になる!っていったとき
 家計が火の車になって、結局、デザイナーに戻ったので
 わたしは、「あかん!」派です」って

未婚の10代くらいの女性がいうのもどうしたものか。

ふと、
また、
夕方の帰路の電車を振り返って、
あの地べたに座った女子高生を見て、
この子らの未来って何だろう。

如何に自分が苦しむかを知らない自分を、
可愛がってあげたくなるものです。

将来の夢なんて大きなものはいらないのかもしれない。
本当の本当の自分は、きっと、もうわかっているんです。
また繰り返すかもしれないけど、それも人生。

8年前に読んだ本
「鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール  野口 嘉則 (著)」
を思い出し、弊社の社員に教えました。
編集 / 2016.11.28 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。