【プロジェクトって何?仕事・遊び・責任  】
カテゴリ: マーケティング/営業
【プロジェクトって何?仕事・遊び・責任  】


最近、プロジェクトっていう言い方が増えましたね。

あくまでも「言い方」っていっているのは、なんというか、
本来プロジェクトとは、日常業務に対して別物の、


1期間限定の特別業務
2特定目的のために
3メンバー構成も特殊編成


で行われることであり、それは逆に言えば、
日々の日常業務の目的と無関係ではなく、その日常業務の
活性化のためにという意味合いもあるでしょう。

あくまでプロジェクトはプロジェクト。


簡潔な完結があるものだと私は思っている。


ゆえに、
特別、特定、特殊というところであるからこそ、その時々の、
本来目的に沿った、「プロジェクト目的」を明確にし、そして
それぞれの特別に集まった非日常の編成集団の中で責任を明確
にせねばならないのです。

それは、すべてに、段取力。

それぞれのプロが集まって一つのことをなしえるプロジェクト。

本日の打合せは、あらゆるリスクを想定しながら、最高パフォ
ーマンスの予測と、最低の場合とを設定。


「絶対に、大丈夫、成功するから!」

力強い言葉も頂けた。企画の精度を高めていかねば。
プロジェクトは、そういった強いプレッシャーとちょっとした
「遊び心」が必要です。

雑誌プレシデントのグーグル本社に対する茂木健一郎の考察に
書いてありましたね。


~遊びながら結果を出す仕事術~

・脳科学的に言えばもっとも独創的で効率的のいい仕事ができるのは
遊んでいるかのように仕事を取組とき

・「遊び」が大切なのは、特にリスクに向き合うとき。
イノベーションを興すには、できるかどうかわからないという
不確実性に「必ずできる」という自信をもって向き合わなけばならない。

・ただし、「遊び」とは手を抜くことではない

・メンバーの高い、知識、スキル、目的意識の共有化
 
・失敗を許容する風土

・強い動機付けが必要
 → 自分たちは常に最高の成果を出すのだ!ということ。

・精神は子供の遊びと同じでも技術は高度化せよ



改めて、プロジェクトとは何か、自分の日常業務とは何か、
チームや外部と仕事をする時の責務とは何か、強い動機や
高い目標意識はあるか。

確認ができた一日でした。

ただただ「プロジェクト」という言語がカッコイイというだけで
流されぬように・・・・。(もう古い!?)



スポンサーサイト
編集 / 2013.08.28 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ