【~ワカモノが、森で生きる道を知る。~ 】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【~ワカモノが、森で生きる道を知る。~ 】


6月29日(土)

水源の森フォーラム2013
林業は、生き方だ!
~ワカモノが、森で生きる道を知る。~

主催:NPO法人森林(もり)の風
後援:三重県、四日市市
協力:㈱古川ちいきの総合研究所

P6290178.jpg


三重県を中心に他府県からも集まった80名。
対象をワカモノ!と絞ったにもかかわらず、
男女問わず組織問わず広い年齢の人が集まりました。

復刻GTRが若者をターゲットに絞ったら、実は、60代に売れたというのに近いのか。

「年齢じゃなく、心や行動がワカモノ
で、私も森林・林業の活動がんばります!」

という方がいらっしゃったがこれもひとつのマーケティング効果か。

ボランティア、NPO、学生インターン、事業者(ビジネス)
様々な人が様々なかかわり方でいい。

7人のパネリストの顔ぶれは色々でしたが、
私にとって、印象的だったのがこの3人。


■諸戸林友/速水林業
 川端康樹さん

「若い従業員を定期的に雇用させて頂いて、
 教育をさせて頂きながら林業の現場に従事させて頂いておりますが、
 世界の林業と日本の林業を同等のレベルで物事を考えることができないと
 もう日本の林業は成り立たなくなる、そう思ったんです。

ただ20年以上林業をやってきた私の履歴は、
これからの林業については、あまり役に立たないんじゃないかな。
いま僕の履歴をみると、こうやってきちゃいけない、
そういうことしか若い人に伝えるしかできない。
だからこそ、若い人にこれからの林業っていうのが待っているんじゃないかな。」


■語らいの里噺野/NPO法人みやがわ森選組
 伊藤康司さん

「3年やらないで途中で辞めちゃう人がいるが
 3年間はやり続けてほしいんです。

 林業が、すがすがしいというのは本当にすがすがしいです。
 ただ、仕事をしている最中は、全然すがすがしい騒ぎでなく、 
 これが人のする作業なのかというくらい、ベタベタドロドロでね。
 自分の数センチ手前では、いまだにツーサイクルのチェーンソーを使い、
 オイルを自分も吸うし、重機の排気ガスも吸うんですからね。
 しかし、休憩に入ってね、一服してお茶を飲んでいる瞬間は、
 鳥のさえずりも聞こえますし、お昼になれば、外で弁当を食べて、
 お昼寝をチョットして、まさにこれぞ人間らしい仕事なんだなと感じることは多くあります。」

 ただ、そのすがすがしさ以上に、
 林業の現場は 普通に考えても、非常に体にかかる負荷は大きくて、
 最初の一年二年は、家に帰っても、疲れてビール一杯でも飲んだらすぐ寝ちゃう。
 いまは、そういうリズムも慣れてきました。 
 1年2年であきらめる人もいますが、それって体のリズムが慣れていないだけであっ
 て。3年目くらいから慣れてくるもので、時間があるかたはここまで頑張ってほしいですね!」


■おわせカンパニー/三重大学生物物資源学部
 羽田知弘氏

「インターンで尾鷲にゆき、
 尾鷲材の商品のECサイトを作り、事業を始めました。
 尾鷲でずっと生きていこうと思ったが、しかし、私は東京へ就職します。

 それは、食い扶持というよりも、やはり1円でも高く売れること、
 1円でも稼げることって考えてきたわけですが、やはりやってみるものの
 学生がやるということでメディアは注目してくれましたが、結局は、スキルがない。
 学生がくるとか若者が来るということでの
 地元からの期待感や
 いやいやいるだけでいいんだって言われることの矛盾を経験しながら、
 結局、どれくらい利益を出したのか、応えきれなかった。
 
 数字としてインパクトが出せるような働き方ができるように
 なりたい!ということで東京の会社を選びました。」



という3者の答えには、

・実際に日々ビジネスだ戦っている人たちから
ボランティアで森林との接点を求める人たちへと

どちらの視点でも染み入る発言であったと思います。


理念なき利益は犯罪
利益なき理念は寝言


ということでしょうが、色々な方々の現場のチャレンジが、
ハード面もソフト面もどっちも、
作り手も売り手もどっちも実際はドロドロした部分、
それぞれの人間ドラマがあって
その新たな林業が生まれるようにも思うし、
現場からしか生まれてこないんですね。


私も素敵な出逢いがあり
また次のステージが見えてきました。

また今後ともよろしくお願い申し上げます。




スポンサーサイト
編集 / 2013.06.29 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ