【まちづくり(ボランティア、道楽、事業)論 と うんち 】



かつて、tiwtterでこのようなことを書きました。


1 お金と貢献の相関があるから「ビジネス」といい、
2 お金をゼロとし貢献心で動けばそれを「ボランティア」といい、
3 どちらも曖昧にやってりゃ、それを「道楽」というのだろう。


で、

「あんたの仕事儲かってんの?
 役立ってんの?
 楽しそやけどそりゃ道楽ちゃうか。」


まちづくり(むらおこし)の活動について、
いろいろ言われ方があるでしょう。


福祉部会、商品開発部会、地域活性化部会、
地域NPO、林業、農業、教育、遊び、文化伝承研究


色々な活動がある地区とそうでない地区もあるし、


「俺は何もまちづくりのために行動してない」

という人もいる。

「この村を守る!」
「若い子を呼び寄せる!」

と硬くなりすぎて、
自分は何も貢献していないと負い目を感じる人もいる。



また事業を中心にされている人は
儲けるむずかしさを知っているがゆえに
事業継承に諦めもあり、
ようするに「金」が稼げないから
地域が廃れるわけで、もっと「お金!」という。

んでも、いろんな人がいて、
みんながいてチームなんだよって、

儲けすぎたらダメ!?
まったくの無償だったらダメ!?

その時に立ち返るのがビジョン(バイブル)
なんですよね。

こうなりたい、ありたいを
絵にして、言葉にしていくんですよね。


確かに、
金でみれば、


1)無償レベル → 2)道楽レベル →3)事業レベル


こういう3つの行為がある。


毎日の清掃活動、花の水やり、
木工や、商品開発、そしてNPO活動、交流活動から、
ビジネスレベルへとある。


色々あっていい。

それが

A)地域のためなのか 
B)自分だけのためなのか


それは、プラス発想や素直さ、ポジティブ志向であればよく、
そこは「勉強会」と各々の「活動」との
啓蒙と実践の往復で生まれてくると思います。


ビジョンを作ることが目的ではなく、
そのプロセスが大切だというなかで、


動きながら考える。考えながら動く。


私のようなコンサルティング
(知識+背中を押すサポーター)という外モノが
こちらからゴールを提供せず、
気づきと行動の喚起ができればと、
今日、また自らへの課題もいただきました。


そこでクイズです。


<うんち 踏んだらどう思いますか?>



イヤだなぁ。
汚いなぁ。




これでは、ネガティブ人なんです。



ポジティブなプラス発想人は、







1)靴を洗ういいきっかけになった!

2)今度はこの道気を付けて歩こう!

3)話題(ネタ)ができた、ラッキー!



ってね。

わたし古川は、訓練でそうなってます。


ちまたで
ネガポ辞典って流行っているようで、
そこからの出展ですが、
船井総研で身についた「プラス発想」ってのは、
まちづくり、ビジネス、家族、生き方、すべてに通じますよね。


そういう啓蒙活動もクイズ形式でたくさん
まちづくり活動で、準備していきたいと思います。

では!


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply