【3つの楽しい】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【現地研修を経て、高野山にて3つの楽しさを知る。 】


平成24年11月16日(金)、17(土)と2日間、
古川ちいきの総研主催の現地研修会でした。

国産材ビジネスセミナー(東京)&経営実践研究会(大阪)
合同現場研修会。

詳細は会社HPでご覧ください。
http://chiikino.jp/?p=948


今年で4回目。

1回目は、岐阜県の木材流通会社、木ポイント
        蓄熱暖房の家等モデルハウス見学
2回目は、高野山 金剛峯寺 山林部
        高野霊木之家 他。
3回目は、新潟県 重川材木店建築部(地域ブランド住宅)
        南蒲原森林組合。

そして、今年で4回目。
20人を超える満員御礼での開催となりました。
この場を借りて参加者の方にお礼申し上げます。

簡単に報告を致します。


本研修の目的

   「小規模から大規模、森林素材~森林空間まで、
    多様な林業経営と森林資源の活用方法を学ぶ。」

というものでしたが、


私のようにいつも全国各地の事例に触れている、その現場で、
動いているモノからすると、なかなか自分自身も気付かなくな
っている「視察の価値」というものに、この度、また改めて、
気付かされました。


1 視覚の衝撃というものは、
  網膜を刺激するのみではなく
  思想をも変える。

2 人脈の構築というものは、
  実は小さな個々人の尽力と感謝の結果であり、
  それが出逢いの縁を引き寄せる。 

3 既存の業界のあり方の先に将来性はなく、
  マーケット(潜在需要)の創造に向かって
  異業界の「常識」を具体的に取り入れる

4 とはいえ、絶対に業界ならではの哲学や技術を持ち
  持続可能という定義を長期的視点で
  どう自分の経営に取り入れ続けるか。

5 林業経営・木材経営に答えはないという  
  答えを得たことにより、
  遠くの同業種同士が連携し
  思考と行動の幅が広がっていく。


視察団(研究会メンバー&セミナー受講者)たちには、
こんな学びがあったように思われます。


私たちも商品サービスのレベルを日々研磨し、
まずは、規模(顧客)の拡大を目指して
邁進してゆきたいと存じます。


初日の懇親会では地元の業者の方々も集まり、
40人近いかたが集まりました。
本当に感謝お礼申し上げます。
ありがとうございました。


そんな翌日、京都市北区役所で仕事をした後、高野山へ。

高野山山林部、有限会社高野、高野山寺領森林組合と協業して
いくひとつの方向性が確認。この信頼を崩さないようにあとは
結果を出すのみというところですが、またその幅が広がりまし
た。

そして夜、高野町民の同志と語る。
ビジネス情報交換。

となりの席に座った母と同い年くらいのカタと出逢う。
東京出身、世界を渡ってきた女性が高野山大学で学んでいる
という。視野が広い、高野山の価値を改めて認識。
宇宙、自然、哲学、音楽について語らう。


・価値がわかる人がいる


見ている自分軸、話している時間軸が違う。
すごい人だったし、ついていくのがやっとだった。

楽しいってことには3つあると知ったのです。

1 いまそのものが楽しい。

2 近い未来に利得を得るとわかったから、いまが楽しい。

3 遠い将来に哲学的快感を得られるから、いまが楽しい。


なんかこんな3つの楽しいって思う時間があるわけであり、
自ら、楽しんで、笑って、そういう意味で、今が楽しい生き方
をしていきたいと、京都の街づくりの仕事の仮説づくりでも
思った次第です。

みなさま、楽しんでますか?
スポンサーサイト
編集 / 2012.11.17 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ