【断種の罪 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【断種の罪 】



ミームというのはご存知ですか。

「利己的な遺伝子」が流行った後、その中で、ミームという
単語がでてきました。

それは、DNAではなく、ココロからココロへ伝達されゆく人間
の文化的志向と行動であります。


よく「DNA」か「環境」か という議論がありますが、それで
も、教育的指導がなくとも、文化的遺伝子というものは、自然
と伝達されゆくものがあると。


それでもミームは、外的圧力(教育)がなくなると、弱まる。


本日、日本林業経営者協議会青年部の方々、約20名近くを、
高野山をご案内いたしました。400年生の桧を20本近く
使って再建している中門の見学、金剛峯寺、奥の院、仏法僧の
森、高野霊木之家 等をご案内。

DSCN9999.jpg


「地域には、捨ててはいけないものがある」

西粟倉村の元村長がおっしゃっていたこの言葉が、京都の
まちづくりメンバーにも刺さった。

地域とは誰のものか?

主体とは、住まいや暮らしをしている人だけではない。

この土地を、連綿と守っていくこと。
その大切さ。

また是非に高野山にお越し頂ければと存じます。

山林経営とは何か、
お互いに、それぞれのビジョンをもち、
またお教え頂ければと存じます。


さて、今日は、同じく高野山で
別の打ち合わせがあり、その時、
このような言葉を
いつもお世話になっている僧侶様から教えて頂きました。


「断種(だんしゅ)の罪(つみ)」


仏教用語です。


自分が育ててくれた親に感謝し、自分も、子どもを創り子孫を
残していくこと。それだけではなく、自分が勉強したことや、
教わったことは、伝えて行くべきであるということ。

その「種」を断つことは、罪であるということ。


私の両親、大学研究室、船井総研、アミタ、トビムシ・・・。


自分が得た知識や情報は、自分だけの所に止めるべきではない。


企業、親子、教育、育成。


確かに、伝えたくない「情報」というものもあるかもしれない。
専売特許として。でも教育しなければならない。


「最近の若いもんわ、っていうけれど、
 自分も色々な人に育ててもらったのに、
 教育を放棄している人が多すぎないか」


断種の罪、

教育だけでない、
発信するということも、ひとつの、解決策。




「高野山はね、常に、受け身なんだよ、古川くん。

(危機が何回かあって、それぞれに復興してきた話は割愛)

 ただね、
 
 お大師さまのご加護のもと、
 
 人は来て当たり前。
 お布施はしてもらって当たり前。

 そうなったのは、仏教界全体の問題です。

 だから、ソトモノの方が
 ここで体験した一次情報を
 そのひとなりに、加工して、伝えて行くこと。

 それは、素晴らしいことであり、

 断種の罪 を知っている ということになる。 」
  


農村地域のまちづくり、
高野山の森林護持
そして、自分の生き方、

色々と繋がる。

そんな時間が楽しくもあった、また、教わった。



「字が違うけど、
 断酒の罪ってのもあるわな、古川くん笑」
スポンサーサイト
編集 / 2012.09.28 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ