【京都市北区 北部山間地域まちづくり構想策定業務 】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
【京都市北区 北部山間地域まちづくり構想策定業務 】


「京都市 北部山間地域まちづくり構想策定業務」


こちらのプロポーザル9社近い応募があったなかで、
プレゼンを終え、今回、この仕事をすることが決まりました。


この時の
質疑応答では、


◆仮説なき「地域づくり」

◆行政と民間の役割分担

◆緩慢な終焉、迅速な再生

◆市街化調整区域の特異性

◆林業再生の理想と現実について。

◆カントリージェントルマン

◆地元民のオープン化とモチベーション

◆住民の「親族」のIターンについて。





ということについて、
私の持論(本音)をお伝えしました。


仮説がないのであれば、
どうやて人が死ぬか、ゆるやかに終焉するというのも必要ですと。

すると、ある審査員から、


「そういうことを言うと、
  ふつう、コンサルさんは
      仕事は取れないんだけどね。」


と言われましたが笑。

地域活性化なのか、緩慢なる終焉を選択するのか、
地域の方向性を根底から議論するきっかけづくりといった所まで
掘り下げて、質疑応答がありました。


まぁ、後で聞けば、
北区の区長さんでした・・・冷。


この対象となる地域は、
弊社の岩井が学生時代から出入りしており、
磨き丸太生産の北山林業で栄え、
今は人口1,000人にも満たない山村です。


他の山村地域に漏れず、
林業の不振から人口流出が止まらず、
来年度には3つある小学校学区すべてで、学校が廃校となります。
住民や行政にとっては、いま瀬戸際という感覚がある現在の状況です。


今後は、
市街化調整区域となっているこの地域でも、
特区的な地域計画を設けて、
新築・Iターンなどしやすい状況を整えることが必要かそうでないか。

そういった手段が本来的に正しいか、
求められているか、という部分から、
これから議論をしていくのですが、
そういった提案に対しても議論(アドバイス)できる
体制がほしいということで、
都市計画、不動産・建築関連の法律等に詳しい人材から
助言をいただける体制が必要になってきました。

そこで、
宅建所有者・法務の専門家として トビムシ小林さんに
大学時代の先輩でもあり、
農村計画の専門家として 京都大学の 准教授の橋本さんに
それぞれ、アドバイザーとしてサポートいただくこととなりました。

改めて、
ゼロベースから始まる「まちづくり」業務。
よろしくお願い申し上げます。


今後は、会社ホームページで
紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト
編集 / 2012.08.25 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ