【国産材エコポイントって!?毎日、恋人のように、お客様を思い出して寝ましょう。 】
カテゴリ: マーケティング/営業
【毎日、恋人を思うように、お客様を思い出して寝ましょう。 】


コトラーいう。

「今日のビジネス界が直面している問題は、商品の不足ではない。
顧客の不足だ。世界的に、ほとんどの産業が消費者の購買力をは
るかに上回る生産力を持っている。」



さらにそれに輪をかけ生産過剰にしている政策が日本の林業。

さらにその政策の失態をさらに失態の政策で被せる。


こんなニュースがあった。

「自民党の政務調査会・林政調査会・農林部会は8月9日、郡司
彰農相に対して、木材(丸太)価格下落対策に関する緊急申し
入れを行った。切り捨て間伐を一部しか認めない直接支払制度
の見直しや国産材利用エコポイントの創設など、10項目の実施
を求めている。」

で、現場の声。


1)あぁ、またうまくいかないんだろうなぁ。

2)あぁ、またまた書類や事務作業が増えるなぁ



だったら、利益よりも理念か。

ここに森林の多面的機能、山村の再生、うぅむ、それもわかるが、
で、現場の声は、こう。


1)あぁ、また表面だけの外モノが外国語を持ってきてる。
2)あぁ、難解な理屈が多くてよくわからん。


現実に顧客(ファン)づくりを徹底して、
みずからやるということから始まるのではないでしょうか。



■真剣に必死にモノづくりをすればするほど
マーケティングってのが陳腐に思えてきます。

でも、

■真剣に必死にマーケティングすればするほど
モノづくりだけやっている人が悲壮に思えます。



プロダクトアウトとマーケットインの
気持ちのいい均衡点ってどこにあるんだって考える最近です。



先日、

高野山寺領森林組合のインターンの仕事で、
路網設計があったのですが、わが社のインターン生が、


「この道は50年持つ100年持つそういう道ですよね?」


と聞けば、高野山の自然と共に40年近く仕事をしてきた山守
からこう言われた。


「道は1000年残りますよ
    ほら、ここは空海の歩いた道・・・」
    

市場(顧客)など無関心で構わないという世界観もある。
長期スパンの、必要性・欲求性・物語性があるわけです。


それでもマーケットインは、いまいきるためのキャッシュが
必要でああり、短期スパンの必要性・欲求性・物語性も必要
であり、市場を自ら創っていかねばならない。



もっと簡単にいえば、
ようするにこういうことですね。

やはり、

地域リーダーや、社長や経営幹部は、
顧客リストを毎日見ていますか?ってことなんです。


ってことに繋がります。

え?飛躍すぎ?

さきほど
コトラーを例にしましたが、企業の財産は、製品より顧客です。

毎日、社名を見ては、このお客様には何ができるか、どんな
サービス、情報が喜ばれるか。


そして、対面、電話、メール、色々と接点を持つことです。

市場を創るとか、儲けるとかいう、前提に、こうやったら、
喜んでくれる!っていう人たちを作り上げる行為。

最終的には、顧客をどんな切り口でマーケティングをしよう
と、その人にとって、そのお客様が好きかどうかが大切にな
りましょう。

経営(地域経営、地域ビジネス)をしていれば、
つらい時もあるし、大変な時もあります。


その時、あのお客様のためならがんばろう!と思えるかどう
か。


今日は、あえて名刺やパソコンを見ないで、顧客の掘り起こ
し作業というのをクライアントと共に行いました。どれだけ
思い出せますか?あるカテゴリーごとに分解したときに、
この3つパターンに、いま、顔と名前とを書き出しましょうと。


それが、自分のお葬式にどれくらいきてくれますでしょうか?


好かれてないと、泣いてくれません。
だから、好きでいないと、好きでいてくれません。

逆に、自分が嫌いな人には最後まで徹底的に尽くせませんから。

まずは、
顧客の総選挙!


そして、顔を思い浮かべ、その人の笑顔を生み出すこと。
リストアップし、手帳に入れたり、社長デスク横に張ること!


自分が明らかにプロダクトアウト側に偏っていると思う人には、
「顧客づくり」「満足づくり」ということを徹底します。

その
具体的作業は、見込顧客の名簿を毎日、毎日、見つめて、
そこからです。



家族の笑顔
顧客の笑顔
友人の笑顔


名簿や名刺が
1000も2000もあっても、宝の持ち腐れになっては
なりません。


顔も名前も一致して、
すぐ声をかけたら飲んでくれるB2Bフレンド
カテゴリーA。


林業ってもっと商売に正直になればいい。
そう思う最近です。




スポンサーサイト
編集 / 2012.08.16 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ