【3ちゃん製材? 熊野輸出材? 経営は規模じゃない。】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【 経営は、規模じゃない。 】



今回、経営実践研究会に新たなメンバーが入会致しました。
7月27日(金)

DSCN9331.jpg


その方は、
いわゆる3ちゃん製材と言われる、小さな規模です。

3ちゃんとは、とうちゃん、かあちゃん、にいちゃん。

しかし2ちゃん製材ってのもある。

とかいうと、
2チャンネルといったインターネット製材!?のようだが、
とうちゃん、かあちゃん、だけで、息子たちが実家の家業に
戻ってこない、2ちゃん製材。


その彼は、実家に戻ってきた。今回、研究会にご参加されて、


「みなさん、規模が大きいですよね?
    みなさんどのくらいの規模なんですか?」


と参加者に、規模を尋ねられてました。


しかし、みなの答えは一緒


「うちは、●●くらいの規模です。


 でもね、規模じゃないんですよ、

 どこのフィールドでどう戦うか、
  そして、自分の強みが何か。

 日本一(地域一)粗利率が高いとか、
 日本一(世界一)加工力が高いとか、

 僕らは国産材自給率50%を目指している訳じゃないんです。


 お互いに学ぶところがたくさんある。
 上とか、下とかない、

 林業とか製材業とか流通とか垣根はない」


フロンティア精神の高いひとたちと鼓舞し合う、
新商品の開発や、新販路への開拓も増えてきている。

小さいとか、大きいとか、都会とか田舎とか、違う。



そして、翌日は、熊野へ。



まだまだ昨年(2010年の台風)の影響が
痛ましくも残っておりました。

DSCN9359.jpg


DSCN9367.jpg

メディアというのは、
終わるとすぐに次の話題へと言ってしまいがちですが、
この現場を見て、そしてこのフレーズに出逢い、私はドキっとしたのも確かです。

さて、今回の仕事は、
エンドユーザーに喜んでいただける熊野の林業・熊野材
のあるべき姿とは何か?について勉強会に講師として呼ばれました。

とても先進的なディスカッションがかわされ、今後が楽しみです。


ここでも、国の政策に頼ることなく、自分達で、新しい、販路を創る。
ということに気合いが入っています。


熊野、大阪へも名古屋へも車で3時間ほど。
産地であり、消費地ではないのです。

他府県では、県産材補助などの鎖国政策がある、それに負けるなと
国内も国外も含めて「輸出」といい、輸出推進協議会と名付けたそうです。


懇親会では、三重県知事と熊野市長とバッタリ遭遇することも
あり、意気投合し、盛り上がる。

「よし、やりましょう!」と知事。

なかなか熱い、夜でありました。


http://www.nozimoku.co.jp/blog/2012/07/30185553.html


→ その野地木材工業様のブログ。(ありがとうございます♪)

DSCN9400.jpg


スポンサーサイト
編集 / 2012.07.27 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ