スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【下町ロケット 戦う中小企業、町工場。】
カテゴリ: 本・映画・ニュース・メディア
【 下町ロケット を 読んで  】


「古川くん、このアダチユミの元旦那さんの
    名前に似てる 作家の本いいよ」
 
って薦められました。

その小説ってのを読んでみました。


「一階には現実、
 二階には夢。そんな人生を僕は生きたい。」

「町工場は、いつでも戦っている!!」



という帯タイトルの小説。


「下町ロケット」というものです。
作者は、池井戸潤 

直木賞受賞の作品で、ドラマ化もしています。

http://www.wowow.co.jp/dramaw/rocket/


大企業vs中小企業という、
特許に絡むビジネス戦争というもの。


資金繰り、倒産の危機、金融アドバイザーの役割という
単語は、経営にかかわらない人にとっても、
かなりリアリティとして迫ってきます。

それよりも、
働くとは何か、稼ぐとは何か、夢とは何か、

そして、会社に対する「好き」と「憤り」とは何か。

そんなテーマもあるように思います。


こんなシーンがあります。


「いいか、よく聞け、
 この世の中には、二つの規律がある。

 それは、倫理と法律だ。

 俺たちが、人を殺さないのは、法律だけで禁止されているからじゃない。
 そういうことをしたらいけないという倫理に支配されているからだ。
 だが、会社は違う。 会社に倫理等必要ない。

 会社は法律さえ守っていれば、どんなことをしたって罰せられることはない。
 相手企業の行きの根を止めることも可能なのだ。」


ふふ、これに対しては、アミタ社の理念等で
まっこうと「否」と応えているわけですが、

ただ、この小説では、
大企業が、ロジックを詰めて、
中小企業を追い込むという法廷戦略
をとる企業の会話の一部です。


それは、確かに、その通りでもあります。


「法律さえ守ればいいと思っている肉食大企業

 法律すら全く知らないでいる草食中小企業」



一般的に、
中小企業(町工場)というのは、
ビジネスマインド、ロジックの詰め、スピード対応が、弱い。


これに対して、

「町工場だと思って舐めんなよ!」

という
部分がどうでてくるか、でてこないか。

それが面白い。小説自体は展開が早く、読みやすい。

法律的なビジネスシーンの描写は、
プロの視点での書かれ方もあり、勉強にもなり、
特許、権利、資金関係での学びも多い。


また、
ネタばれしないように、いくつかのシーンだけ紹介しますが


★「(経営計画なんて)鉛筆舐めて作成してるんでしょ?」


という、

これに対する、中小企業側の反論がむっちゃ感動!
ちょっとウルっと来ちゃいました。


★「社長の夢より、社員のメシだろ!!」(社員)
  
「夢だけおっかけても飯は食っていけないし、
  飯だけ食えても夢がなきゃつまらない。」(社長)

→これは、
 どの会社にも、ギクっとする社員とのやりとりシーンです。


★一度、研究にとりつかれたものは、
    その呪縛から解き放たれるのは難しい。

 →研究者から経営者へ。
  その経営者の研究魂への固執についての文章。
  私も大学の研究とビジネスとの違いに
  悩んだ時期があるので、「わかるなぁ」と。


私は本を読むのが人より遅いのですが、
流れが止まらないので読みやすいです。


そして、実は、ホームドラマ的な要素もあります。

家族愛っていうもの、
家業というものの愛っていうものが、垣間見られます。

なるほど、だから、社長は、
ここで、また夢と戦うんだっていうところがありますが、
このシーンいいですね。

愛には色々な形が、あるわけですが、
そのあたりも、楽しみの一つですね。


ちなみに、
いま私は、木材関係の特許がらみの仕事をしています。

これを読むと読まぬで
全然、仕事の姿勢が変わりました。

必要必然の出逢いですね。

ということで、
ぜひ、オススメします。
スポンサーサイト
編集 / 2012.12.05 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。