スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【サステナビリティ より サバイバビリティ】
カテゴリ: 理念と利益
【サバイバビリティ 消費税の話の前に、自分ゴトを考える。 】


税金下がったら喜びます。
税金上がったら喜びません。

いえいえ。

国家は、逆ですよね。

税収減ったら悲しいし。
税収増えたら嬉しいし。


でも、本来そういうもの?

国家って国民の代表なわけで、
実際は、イコールなんですよね。

そこで

1 会社も似てるなって話と

2 実際にもっと大切なことがあるのでは



って話です。


へたくそな文章ですみません。


いま消費税の増税について、議論がありますが、いまのところ
政府が国会に提出した消費増税法案が通れば、2014年4月1日か
ら1年半の間8%へ、で15年10月1日から10%に引き上げられます。


確かに、
10%って大きいですよね。
住宅(新築)事業においては、むっちゃ影響がでかいです。

それに、5%→8%→10%の段階的って、システム変更
とか大変ですよね。

どうなっちゃうんだろうな。

色々な方が色々な意見を言っています。


所得が減っている中で、税も取られて、経済はもっと収縮する
のではないか。あるいは増税をしっかり社会保障の財源に充て、
財政再建に道筋が見えれば、国民は将来への不安がなくなり、
消費や投資に、お金が回るのではないか。財政破綻をするほ
うが影響が大きいので、増税は止むないが、たった10%では
焼け石に水だとか。金融緩和策でデフレ脱却を目指せば、財政
再建できるとか、


色々な評論家が、逆進性とか、非ケインズ効果とか、色々と云
っていますが、まぁ、私は経済的な専門性はわかりませんが、
自分がリアルに思う点が、2つ、あります。


ひとつは、


いつも、「取る側」と「取られる側」
という認識でしかないのですよね。


なんか、ビジネスに似てる、経営に似てるなって。


みんなの利益を
経営者は取る、被雇用者は取られるって思ってしまう。


でもね、
もう、みんなが経営者の時代にならなきゃいけない。
知らなきゃいけない。

また、経営者も説明してないんですよね。保険のこと、
福利厚生のこと、企業の利益のこと。給与の根拠のこと。
税金のこと。


その価値と意味合い。
お互い助け合っているということ

国家と国民も
経営者と雇用者も
その違いはなく、イコールなんですよね。


国は、税金を、取るだけ取って国民を奈落の底に落とそうと
しているわけではなく、国(といってもみんなが選挙で応援
した人たち)が「豊か」になるためにと思っている。実際に、
将来構想の計算ミスをしました財政不安については、謝るべ
きと思いますが、国民にだって責任があります。

どうしてもダメだと思えば、違う会社に行けばいいんです。
違う国に行けばいいんです。でも、自分で納得できるほど、
知識をつけて、動いているか。


それに、いままでだって、みんなの税金で、みんなが「ある
程度」豊かになったのは間違いない事実で、それはそれで
、感謝すべきことです。

結局、人口が都市へっ集中してしまったストロー現象とは言
いますが、やっぱり新潟県民にとっては、田中角栄によって、
東京が近くなった。でも、そういうこと忘れてたりする。


ダムなんか要らない!!

っていうひとも、ダムの受益を受けている人だったりする
わけですから、受益と負担のオープン化は、最低限必要です。


教育もそうですよね、とくに国立大学に行ってる人は・・・。


などなど、

会社の経営も一緒です。

取りたい、取られたくない、という議論ではなく、


何を、顧客や社員にサービスを提供し、そのために、みなで
どう助け合うか。寄付も、ファンドも、給与も一緒だと思い
ます。


だって、みなさん、消費税増税については、
家計にどう影響するか?は、考えるけれども、

自分の会社の、利益、会社の稼ぎが、どう影響するかは、
税制が変わると、どうなるか、考えてますか?
それによって、どう給与が変わるって、考えてますか?


それって経営者、任せでいいんですか?

自分の身は自分で守らなきゃっていう時代です。

逆に、経営者は経営者で
オープン化していかねばらないと思うのです。
利益はこう使おう!って。


何のために大学出たんだろう。

それでですね、

本日、もう一つの気付きは、将来が見えないからこそ
、社会保障の安心感というより前にもっと
大事なのは、目の前の「現金」だという話のほうが、
ちょっとずつ元気が出てくるというのです。

「サバイバビリティ」
全国民、サラリーマン時代の恐怖。
自営業がいい、わるい、という話ではなく、
自分で生きていく力、食う力のことです。
農林漁業に近づく力・・・。
生き抜く力。

この言葉を教えて頂きました。

これは、日本が
若い世代になればなるほど、自営業率が減っている
というデータにも基づく話からでているようです。


自分で、稼ぐ、
自分で、利益を上げる、小さい額でいいんです。

取引をする、そこで少しずつ増えてきて初めて、
自分だけでは生きていけないから、助け合いが必要だとか、
将来への保障がいるとかね。

そこの感覚がない人が多いため、
自分で自分の身を守ることを放棄していたり、
国家への役割を、国家や会社のせいにする。


1000円でも稼ごうとしている努力があって、
1人でも多くの顧客を作り喜びを与えようとしているか。
自分は、自立型の経営者タイプじゃないのであれば、
どうやって、そういうひとを見つけ、
どうやって、その人の懐に入るよう努力しているか。
(あんまりお勧めしませんが、でも、自分で稼ぐ
という方法の一つであるわけですね)


で、確かに

いままで人生で、ビジネスで成りあがった成功者が、人生
の余暇的に、「儲けだけじゃないっ」ていうのはいいですが、
その考え全体を市場に持ち込んでもらっては困るんですよね。


ロハスとか、ソーシャルっていい言葉です。


でも、国民のほとんどの人が、(小さくてもいい)ビジネス
成功をしていないし、幸せボケをしている人もいますが、キ
ャッシュを生み出そうという動きをするほうが大事で、まず
は、「儲け」の「経験」です。顧客からの「感謝」の「経験」
です。身近な「ニーズ」に対応する「経験」です。


高野山では、高野槇の華(枝葉)が、お供え用として、
売られ、昔からの稼ぎとなっていて、集落を支えてきました。
いまは、若い人が町から出ていって、労働力不足です。


でもね、キャッシュが回れば戻ってくる。
現金はね、元気にするんですよね人を。

高野山のお寺様でも、危機感を持っている僧侶様もいらっしゃ
います。葬儀だけやっていればいい、何もサービスを提供しな
くていいという時代ではないんですね。どうやって、直接的で
はない、細木数子氏のようなタレント予言士とは異なる、本質
的なイキる智恵を提供するか、寺子屋的存在だったお寺が本来
やるべく子供、ご老人との接点をどう作るか。

檀家がいなければ、
もちろん自分自身も生きなければならない・・。


話を戻しますが、

いま、
国が、国民に対して、
いま我慢してください。将来は安心ですから、ってのは、

もう無理ですし、国家経営として末期状況です。
信頼されてませんもんね。


5年前、私が、船井総研で
東京で働いていたころ、
日帰りで沖縄の出張をしてました。

専門学校のコンサルを終えて、
時間がなかったので、タクシーを拾って、
那覇空港までといったとき
タクシーの運転手に言われました。


「お兄ちゃん、金曜の夜だよ?

本当に、東京帰るの?

沖縄のお姉ちゃんかわいいよ!?
松山(繁華街)のほうに戻らない?

会社はね、一生あなたのこと
見続けるとは限らないよ・・・」


って言われたのを思い出します。

なぜかその後
別の話題でこのタクシーの運転手とは盛り上がり、
彼の、小さいけれど、自分なりの、楽しい、
儲けの仕組みを教えてくれました。


ということでね。


だったら、もっと自分たちで、見える形で、実商売をして、
お金の価値を知り、モノとサービスを主体的に動かしていく。

それは、金額の量じゃなく、小さくてもいい、少なくてもいい
千円、2千円でも、そのありがたみがわかり、自ら動いていく
ために、何が必要か。

なんかその辺がすっぽり抜けてる気がします。

もちろん、全員が全員、儲け!儲け!営業!営業!っていう
ギラギラ感を出せという意味ではありません。でも、どんな
に技術が優れていても、販路がなければ売れないとか。どん
なに、やりたいことをやっても、相手のためを思って、顧客
がいなければお金にならないとか。


それで、やっぱり、自分だけで生きるのって不安だよね?
だから、税金とか、保険って必要だよねっていう
順番じゃないでしょうか。

またお金だけでも不安だよね?
だから、食べるため、生きるための農業に近い場所にいる。
水がある。そういうことも含めてサバイバビリティ。


ど~んと、安定した、大手企業にいって、
その鳥かごの中では、感じ得られませんよ。


改めて2つのことを、まとめてみます。


1 生きる力、サバイバビリティ
ちいさなキャッシュを積み上げる経験

2 国家の経営も、企業の経営も、
何を取って、何を提供して、だから、公共のため、福祉のため
にもなってるでしょってオープン化しなきゃっていうこと。


この、二つ。

増税とか論じる前に、
大切なことってもっとあるような気がしてなりません。

あぁ
こういって、自分で自分の首を絞めてるんですけどね。

生きるのって、辛いよね、辛い。
でも、掴んでいかなきゃね、自分で、自分たちで。仲間で。
そして、社会の助けがあって・・・っていうことですよね。

私益→共益→公益 ってのも、経験の順序があるのでしょう。
互助の概念はその先のような気がします。
スポンサーサイト
編集 / 2012.05.13 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。