【地域という言葉。  ~木を見て森を見ず!森を見て木を見ず?~】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)

こんにちは、古川です。


「木を見て森を見ず」という表現がありますが、どうも、
「森を見て木を見ず」という人が多いように思います。


私の父の実家、新潟県長岡。

祖母の家なのですが、祖母は今、92歳。
雪おろしは、近所の方がやってくれています。

お金を払って、お願いしている訳ですが、とはいえ大変な肉体労働です。

父が亡くなっていることもあり、

「伸一さんがいなくなって、
 大ちゃんは、長岡に帰ってくるの?」

「お墓は誰が守るの?」・・・

と、嫁いだ母が、ご挨拶に行けば
必ず、近所の方に、そう言われるものです。

否定的な意味ではありませんよ。
土地に根差すということ、その大切さ。

人生スパンでみるのでなく、
その地域、地域の、文化や土地スパンでみていくこと。


それが日本です。それが地域です。

私がいまここにあるのは、
先祖のおかげであることは間違いないのですが、
都市経済に目を向け、いわゆる「地域」に捨ててきたお寺とお墓の数々・・・・


いや、それを一面で否定しているわけではありません。


「地域を見てグローバルを見ず」
「グローバルを見て地域を見ず」

いや

「地域を見て人を見ず」
「人を見て地域を見ず」


というのでしょうか。


「地域」とか「環境」という言葉が、
不思議としたあこがれの対象となっています。


【ニュース】
~~~~~~~~~~~~~~
第21回地球環境大賞 サントリーに大賞
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/120229/cpd1202290505004-n1.htm
~~~~~~~~~~~~~~~


なるほど、「地域の森」です。


「地球」「環境」「地域」


そもそも「地域」ってなんでしょうか。
皆さまにとって「地域」ってなんですか?




たとえば、二つあるでしょう。



1つ、地域という言葉は、そもそも、中山間地域、振興山村、
過疎地域といったような場合は確かに、法律的に、林野率や
人口密度などによる定義があります。

http://www.maff.go.jp/j/study/other/cyusan_siharai/matome/ref_data1.html


もうひとつは、相対的な地域です。


グローバルから見れば、アジア、ヨーロッパが地域
アジアからみれば、国が地域
国から見れば都道府県が地域
都道府県からみれば市町村が地域
市町村からみれば町や大字が地域

といったように、相対的な表現に過ぎないという地域です。

憧れを抱くには、対象が2つあるのでしょうから、
東京と地域 などとなって、日本人の「軸」の置き場に
しかすぎないのでしょう。



地域再生

・地域とは何か
・主体とは何か
・再生とは何か


目的を明確にして、期限を明確にすること。

理念と利益
土地と暮らし
人の生と死


地球とか環境とか、地域再生とか持続可能がどうとかではなくて、
もっと単純で、泥臭い生命感、わかりやすい商売感、1本1本、
一人一人の大切さ、人と人との想い。


私の実家、町田に対する、想い、原体験。

なんで、子供のころ遊んで、クワガタとってザリガニとってた
あの裏山を返せ!ということも含めて・・・。



「森を見て木を見ず」

同様うに

「地域を見て人を見ず」


ということもありうるでしょう。


かつて、「地域」に暮らす友人がいった


「古川くんね、
 この地元の人に対して、
 
 ビジネス力よりも、本当の意味で、
 
 大切なのは、ここにく暮らす人のココロと教養。
 
 これなんだよ。」


思い出しました。

今日は改めて「軸」の確認をさせていただきました。


そして、今日は、
大手広告代理店、大手証券会社の友人と飲みました。

私は彼らを友人に持っているからこそ、自分の仕事の立ち位置や
強みと弱みを知ることができるんですね。



<おまけ>
地球環境大賞ってのが、大手にあるのならば、
中小企業とか地域の歴史を紡いでいる人に向けて
地域環境大賞って独自の何か創ってみたいですね。

文化、歴史、技術、教養、経済、

勝手にランキングしようっと。
スポンサーサイト
編集 / 2012.03.02 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ