【国産材ビジネスセミナー&実践経営研究会 (2011年12月)】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【顧客とともに、歩み、成長する  】


昨年は顧客2名から始まった、
東京の国産材ビジネスセミナー。


今回は12名の顧客 + 
日刊木材新聞の記者。

懇親会では、参加者の友人知人も参加し15名ほどの大所帯でした。


DSCN1108.jpg


「いや~、最初はどうなるかと思ったけど!?」

という、当初から参加していOさん、
Tさんも、顧客2名というときがあったもんで、
こうやって、顧客が増えていることをともに喜んでくれて、
感謝申し上げます。


実感としては、
本業実業で、林業、製材業にかかわる方のみならず、
旅行会社勤務が「林業」「観光」に興味を持つ、
会計士が「林業会社」を立ち上げる、
税理士が相続対策をプラスした「林業サービス会社」を構想する、
もちろん森の学校トビムシ然り、その得意分野と、立ち居地が、
異なるもののある意味、この業機会への「新規参入」のために、
私たちのセミナーに学びに来ています。


情熱と冷静さと両方でもって経験的にも失敗も含めて、
私たちがアドバイスをしたものの、私たち自身にとってみても、
ある意味の競合的存在でもありうるのですが、

適正なる競争にさらされてこそ、
顧客満足があがってゆく、この業界。

それは、いいことなのでしょうし、
また、本業と異業が交わることで、
あたらしい価値が生まれてくること、
セミナー内でも実感しております。


翌日の17(土)、
大阪の実践経営研究会でした。


いつもは
大阪のアミタ西日本営業所にておせわになっていますが、
今回は、
13代続いている吉野の五大林業家、
築150年以上の邸宅にて実施。




ふすまや金屏風は、江戸時代のもの。
DSCN1144.jpg



圧巻の国産のツガやマツでつくられた巨大な構造材に支えられ、
随所に、数奇屋、和建築における、ディテールを感じる。
奥には茶室もあるし、庭園もまた、魅力的。
2011年の最後を飾るに相応しい空間で、実施。

DSCN1158.jpg


今回は、新潟の研修を振り返るのみならず、
顧客のメンバー自身の活動発表とそのディスカション。
集約すれば、「情報とスピード」そのレベル。

そのことについて改めて確認できたが、明らかにこの会も、
3年前はただの座学であったがみなかなり実践。


見えない効果とすれば、

「東京では、もうこんなこと動いてますよ!」

「××では、会計士が林業会社作ろうと動いてますよ!」


ライフサイクルプロモーターとしての触媒としての、
刺激を与える存在。


ある顧客さまが、こういわれました。



「私は、ダメ生徒ですみません。 みんなと比べて、行動も遅くて・・・。

 でも、確実に、無意識かわかりませんが、

 誰かが動いている、

 見えないライバルが次の動きをしている その情報が、私を動かしているのは間違いありません。

 トビムシ勉強会のおかげで、 いい意味で、憤りが出て、

 たんに間伐材が環境にどうこうだけじゃなくて やるべきことも見えています。

 で、実はですね、

 今年は、数字が悪いかなと思って 集計してみたら、すみません、 

 売り上げ上がってました!」


って、参加者みんなが大爆笑でした。

ある顧客は、
「過去最高売上と最高益が出ました」と報告も頂き、
また、熱き仲間と、二次会、三次会と、
大阪に移動してまでも、またお酒を交わしました。

地域の林材業、
中小企業が力をつけて、
ファンを増やし、利益を上げ、
人材が育成され、森が豊かになるということ。
具体的で地道な鍛錬の繰り返しですね。

DSCN1159.jpg


皆様と共に。

2011年、ありがとうございました。



スポンサーサイト
編集 / 2011.12.17 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ