【法政大学 現代福祉学部 地域問題入門、地域経済論】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
17日(木)
【法政大学の講義】



3限 地域問題入門(200人ほど)
4限 地域経済論(50人ほど)
5限 地域づくり実習ゼミ(20人ほど)
その後、学生との懇親会。


と午後、と夜は、まるまる、法政大学な一日でした。



111117hosei01.jpg
大教室

111117hosei02.jpg
クイズ形式の私の講義


一年に一度、
准教授の図司さんの講義のコマを頂いてゲスト講演をしているの
ですが、今回は、初めての2コマ講義。
3コマ目の実習ゼミは、アドバイザーをさせて頂きました。


IMG_9985.jpg



3年前、2年前、に私が話しをしたのを覚えてくれていた学生が多数おり、
その学生もまた色々と成長していて、うれしかったですし、
地域や事業に対して新しい動きが始まる、いや始っているという実感を
また新たに得ることができました。


地域問題入門では

 「だから君たち頑張ってほしい。
  課題解決のためのマーケティングと行動論」

地域経済論では
 「林業のリアルと裏話」という内容で、90分×2連続講座。


今回も学生からのフィードバックを受けて、思った事は、
林業ってまだまだ「きっちり」伝えなくてはならないんだと、
私自身が当たり前に思ってしまっている事が、当たり前で
はないんだということ、自分自身が「玄人病」になっているこ
とが確認できたことは大きな収穫でした。


「もし4~50年で1本の柱ができるんだったら、
 4歳のときに植林して55歳で伐採して家を建てなきゃ!
 ですね!!」

 (生きている間に植えて、育て、収穫したいという想い)


「キチンと聞けば聞く程、林業って面白い。
 だから、ほんっとに、だったら、
 ワリバシとか、何使ったらいいかわかんなくなっちゃう」


その後、愛媛県内子町出身で、今年の夏に、海士町に地域イン
ターン実習をした学生「Mくん」が、「僕1年生の時の古川
さんにメールをしたんですよ。そしたら返信してくださって」

(ごめん、覚えてない)って、今日もグイグイ遅くまで、
私を離さなかった君の熱さがよかったです。


別の学生


「今日の講義、マジおもろかったす。
 むっちゃ笑いました、マジためになりました。

 自分、九十九里出身なんですよ。
 ボランティアで福祉やってますけど

 街づくりとかなんか、高尚な話しには興味ないんですけど、
 っていうか、あんまりわからないんですけど。

 でも、あそこほんっといいとこなんですよ。
 いっぱいいい資源あるのに、九十九里って海嶽のイメージしかなくって。

いま、
 40代を過ぎての、
 50代60代が、おもろく働ける場所っての考えてるんスよ。

 おれ、がんばって、町のために仕事しますよっ」


いい男だ・・・。

そんな人たちが増えている法政大学現代福祉学部。
地域づくりインターン初期の10年以上前とは大きく変わっています。


ちょっと前までの学生、
20代後半は、お客様は地球です、みたいなのが多かったが、


最近の大学生は、
スマートフォンをかざしているけれども
「自分、ツイッターとかなんか、無責任っぽくてイヤなんすよ」
なんてのがいて、
生活(稼がなきゃならない)っていう強い意志がある若者も多い。

いつも、理念と利益の話しをしますが、
利益を選ぶと言う方が多かったのは久しぶりでした。


最後に一つ。

地域と現場と仮説と分析と検証と提案、という一連について。


1 仮説をギチギチ作ってから現地へゆけ
2 まず現地に行って感じて体験して、仮説を生み出せ


この違い何の違いだと思いますか?


前者が、いまインターンとして手伝って頂いている
東京大学大学院のとある研究室の指導方法。
後者は、この法政大学の図司研究室の指導方法。


そんな大学によって、研究室によって、それぞれに違う。


とはいえ、

「広がり」は自分でつくるもの。

学生だちと23時過ぎまで飲み、さらに
図司先生とは、24時30分まで、がっつりと飲み、
新たな動きに向けて、語らいました。

今日も新潟で研修で飲む。
明日もたぶん飲む。
明後日は大阪インテックスよって、
奈良の林業機械展にいって若手林業飲み。




<<<<<以下、講義の感想 >>>>>




~~~
今回の講義を聞いて
自分の人生設計をちゃんとしようと思いました
~~~~


~~~
今日は、3Cという概念に出会えたことがよかった。
男女関係の話にするとわかりやすくって、
経済やマーケティングがよく見えました。
~~~


~~~
寝るつもりの授業でしたが、
結局、起きっぱなしでした。
ものすごく吸い込まれました。
~~~


~~~
なんか自分の世界が広がった気がした。
~~~


~~~
やっぱり自分から動かないと何も変わらないし
小さなことでも、自分から始める努力をしようと思いました。
~~~

~~~
福祉と経営
地域と経営、それを結びつけたことがなかったので、

今回のお話はとても興味深いものでした。
~~~


~~~~
わくわくする講義でした。
一方的でなく、一体感が生まれていました。
~~~~



~~~~~
今日のお話は色々ありすぎて(濃すぎて)
すごく勉強になりました。
地運、自分で運をよくできるようにしたいです!
ありがとうございました。
~~~~~


~~~
今まさに将来どうしようか
悩み始めているところでしたが、
今日の講義を聞いて、地域系の人に限らず、
全大学生にとって役立つ講義で、とてもためになりました!
~~~

~~~
地域おこしという点から「地域の物語」が重視される話は
よく聞きましたが、
マーケティングという視点からの「地域」の講義は初めてでした。
~~~


~~~
勢いがあってすごく面白い授業でした!
経営の分野に興味がなかったけど、もっと知りたいと思いました。
もっと自分の知らない世界があると思うので、
色々やってみようと思いました!
~~~


~~~
いままで
NPOやボランティア精神については
色々聞きましたが、ここまで「利益」と「理念」
両方を尊重せよ!と、はっきり言った方は、
初めてだったので、少し新鮮でした。
~~~~


~~~
情報には、
さまざま色、形、視点があり、力を持つということ。
多くの場でそれを吸収しつつ、
自らの中で考えを導き出していくこと、
それらをこれから何度も考え、
行動していくことを、これからの目標にしたいと思います。
~~~


~~~
なんでマーケティングの話なんかするのかと思いました。
社会や福祉には関係ないと思っていたので。

でも聞いて、なるほどと感じ、
自分の’芯’を大きくする上で
大切なことだと思いました。
~~~~



~~~
地域や経営が、
恋愛と似ているとか、聞いていて
なるほどがたくさんでした。

わたしはどちらかというと、
だんぜんお金(利益)派でしたが、
話を聞いていて、アイディアや発想に、
理念も必要だと感じました。
~~~


~~~
すごく独創的で、自由な講義でよかった
というのが率直な感想でした。

どのようにして経済が、世の中が流れているのか
ということも学べたし、将来の自分の人生を考える上での指針
になりそうです。

とても有益な授業でしたので、
またこのような話を聞きたいと思いました。
~~~~


~~~
話術が巧みで、とても楽しく聞けました。

ホットドック屋さんのクイズでは、
どんなことでも答えは一つじゃないという、
視野を広げると答えが無限に広がるんだとわかりました。
この広げた視野を持って、私は福祉につなげていきたいと思います。
~~~


~~~~
色々と授業を今まで受けてきたけど
初めて面白いと心の底から感じた。

何といっても、授業の進め方、話し方が素晴らしく引き込まれた。

今まで、経済系の授業は取っていなかったが、
今日の授業を受けて、割と、経済にも興味があると気付いた。

好きだけじゃ食えないとかよくいうが、
どうせ一度きりの人生なら、
とことん好きなことをやってみたいと思った。
~~~



~~~
本日は貴重なお話をありがとうございました。

私は、私利私欲だけにお金を稼ぐ人間が嫌いです。

でも、お金を稼がないで人助けをしている人はもっと嫌いです。

そして、そんな人たちのことを非難するだけで行動が伴わない自分が
実は、一番嫌いでした。


でも、今回の講義を聞いて背中を押してもらったように思います。

今までは、メディアや人から得た伝聞情報を
あたかも自分が体験してきたかのように錯覚し、そこで「ものさし」を
合わせていましたが、これからは自発的に考え、
情熱の赴くままに行動したいです。

人間力と生活力の両立をさせねば、
人として社会を生き抜くことはできないでしょうし、
それらの力が試されているのが、まず就職活動なのでしょう。

これほどまでに胸に刺さった講義は大学に入学して初めてでした。
願わくばもう少し早くこの講義を聞きたかったです。
私も情熱を持って仕事を取り組める社会人になりたいと思います。
とりあえず、就活がんばります!
~~~



~~~
今日は、
コンサルタントがどいうった職業なのかという具体的な話から、
「人生とは何か」という抽象的なことまでたくさんのことを
学ばせて頂きました。

今日の話を聞いて

「このままでは嫌だ、私も何か熱中できるものがほしい」と強く思いました。

”人生の中に仕事があるのではなく、仕事の中に人生がある”
この言葉がとても胸に刺さりました。

私は塾でアルバイトをしていますが、
この塾ではアルバイトにも方針と理念を冊子にして配って
暗記させていますが、ここまでしなくてもいいんじゃないかと
思うこともありましたが、本日の古川さんの話を聞いて、
改めて、私の働いているところは間違っていないのだと思いました。

最後に、高野霊木のホームページを見せていただきましたが、
私は都会より森林に惹かれるので、この木で家が建てられたら
本当に素敵だと思います。
~~~~



~~~~
大学に入学して、
初めて講義で笑ったのではないでしょうか。

そのぐらい最初からマシンガントークで、
おもしろくて聞き入ることができました。


「大学を卒業すると、卒業がなくなる」
「答えがない世界で生きる」

など多くの言葉が印象に残りました。


また、
「好き」を本当に追求していないのでは?という言葉、
はっとしました。情熱方程式、まさしくそうだと思います。

地域づくりの話ですが、
私は沖縄出身で「いなか」で育ってきましたが、
私は、将来、地元に帰り、地域づくりをしていきたいと思っていますが、
地方出身の子より、都会の東京の子のほうが地域づくりインターンに参加していて、
この矛盾や課題を自分でもっていながら、
本日の「地域づくりの3フェーズ」を聞けてよかったですし、
もっと色々外に出て、考える力をつけたいと思います。
~~~

~~~
利益と理念と、その継続についてですが、
私も、インターンで鹿児島に行きました。

学生が地域に入って、その期間は
イベント的に盛り上がっても、地域のうるおいにはならない。

やはり、
企業の視点、知識の視点、変えね備えている人たちが
「利益」という視点を考えることで、
継続した活動となり、地域の上向きな状態につながると思います。

また、
SHARPの片山社長の引用、胸に響きました。
「液晶テレビがバナナのたたき売り状態」ことに対して

やはり「商品に情熱を込めて売り出す」ということ。

逆に、私たちは、
その技術や情熱を見極め、惚れ込んで、
買うということが大切で、
そんなふうに生活ができたら、
それもすごく素敵な生き方だと思いました。

大切な言葉を聞けてよかったです。
~~~



~~
今日は、自分に対する課題を見つけることができました。

1つは、想像力、判断力を身につけ、
2つは、自分の考えを人に伝えることが課題です。

そのためには、色々な人と出会い、色々なことに出会い、
視野を広げて、新しい発見に出会いながら、
自分の世界を広げたい。

90分の授業でこの2つの課題に気付くことができたのは、
自分の中では大きな進歩でした。
~~~



~~~
生産者の苦労、消費者のニーズ、
両方をしっかり知ることで、購買力を書きたてる
販売戦略を思いつくことができるのだろうと思いました。

やはり、人を関心させる、意識に残すために、
キャッチコピーを付けることは、
ある意味、必要以上に消費者に影響を与えることができるとわかり、
とても面白いと感じました。

私は、
学習を伴わない行動は致命的であり
行動を伴わない学習は無益であるという言葉を
テーマとしています。
~~~



~~~
講義の名前にもある、
地域問題入門、
問題とは何か、課題とは何か。

その課題発見において大事なことは、
実は「理念と利益のベクトル(向きと大きさ)だ」
というのは、感銘を受けました。

日ごろ私たちがとる
何気ない行動が、実は、このベクトルによって
無意識に行っていることに気付かされました。

確かに人間は、
育ちや、年齢、その成長の時々によって、
利益型か、理念型かに分かれており、
そのバランスが、1点に集中しないから
世の中が成り立っているのだなと感じました。

今後、
私生活において、本日の色々なテーマに合わせ
自己の課題発見を意識し、「自分をデザイン」してみようと
思いました。
~~~



~~
年間50人程の方が亡くなるという
林業のお話びっくりしました。

やはり体を張る仕事、体への負担も大きいのですね、
しかし、今日の話を聞いて、
木材を使った製品を見る目が変わりそうです。
~~~



~~
林業っていうのは、
古臭くて、あまりいい印象が
なかったが、本日の話を聞いて、今までの考えが一気に消えた。
またコンサルタントという仕事も初めて説明受けたが、
目からうろこな話が多々あった。

私は営業職に就く予定はないが、この「3C」の視点は、
どの職業についても、つかえる言葉だと思う。

また、自分の利益と理念について
もっと真剣に考えたいと思うと同時に、
自分の経験の幅を広げたいと思った。
~~~



~~~
これまで、
あまりお金のことについて考えることがなかった。
今日初めて学んで、面白いと思った。

そして、どんなに、正義としての社会貢献があって
何かの事業だったりを行うにしても、利益についても考えて
その問題に対して、向き合わねばならないということを知った。

それは、一見なにか冷酷なイメージがあるように思っていたが
現実をみる上で、必要不可欠であり、
それを無視することは、正義を行う上でも、
限界のある「寝言」なんだと思った。

まだまだお金や利益について知識不足なので、
現場に出たり、本を読んだり、これから
積極的にして行きたい。
~~~




~~~~
人生観が変わりました。
~~~~


~~~~
これからの自分の将来のさまざまな可能性が
垣間見えたし、それと同様に地域や産業にも
多様な可能性があるのだと思いました。

また、祖父が山を所有しているのですが、
山(木)の価値が下がって、嘆いていたのを思い出し、
林業の大変さと現状の厳しさを改めて感じつつ、
これからの可能性に大いに期待したいと思います。

人生の中に仕事があるのではなく
仕事の中に人生があるという言葉が
とても印象に残っていて、
仕事が好きという気持ちが伝わってきました。
~~~~



~~~
この情熱方程式を見て、
すごく共感しました。

自分に置き換えて書いてみましたが、
子供(好き)、虐待現場(憤り)
そこから、福祉への諸活動の流れ・・・

(略)

ふだん、
自分から動くことが少ない私でしたが、
この憤り・原体験があったから、
自分でも周りの人もびっくりするくらい積極的に
なることができたのだと思います。

今後ももっと積極的に動いてゆきたいです。
~~~


~~~
人と会う
旅に出る
本を読む

これを人生の夏休みである大学生活で、
どんどん実践していこうと思いました。

機会があれば高野山を訪ねてみたいです。
~~~



~~~
人は経験をするために生まれてきた生き物である
ということを再認識させられた。

特に印象づけられたのが、インプットとアウトプットの部分。

心身ともに若いうちに様々な経験をし(インプット)し、
それを記録に書き残すことで(アウトプット)し、
幅広い視点をもった大きい自分を作り上げていくということ
これを心にめて実践したいと感じた。
~~~



~~~
企業というのは、常に
色々な作戦を考えて、成長しているということがわかりました。

東京の人が
林業をやりにいっているというのは凄いと思いました。
そしてその価格の安さが驚きました。

私は、12月から家を建てる予定ですが、
林業の方がいなければ、日本の木造住宅は成り立たない
って思えたし、木は大切だな~って思っています。
(関係なくてすみません)
~~~~~



~~~
地と図の関係は、すべてに当てはまる。

観光、教育、福祉。
黒川温泉の次は、どうでてくるか。

教育に、パソコンを導入すればするほど、どうなるか。
ゆとり教育、総合学習、英語特区とかいえば、
すぐ取り入れて、続かない・・・。

教育には、
文武両道、人にやさしい個性など、理念も大切であり
一方で、利益を出す、実績を出すことの大切さがあるんですね。
~~~



~~~
私は、今年、地域づくりインターに参加しました。

「何かしたい」
「1歩踏み出したい」といった気持からでした。

中高時代、ある先生に、スランプに陥った時、
お前は視野が狭い、と言われていましたが、
その時は、全く意味がわからなかったし、
もっと励ましてくれればよいのにと憤りを感じましたが、
地域づくりインターにいき、
まさにその通りと実感し、自分の甘さに気付くことができました。

今までの自分とは違った1歩先へ、
経験を積んでいきたいです。

今日は、また挑戦してみようと思う気持ちになりました。
貴重なお話をありがとうございます。
今日の飲み会、都合により欠席で
残念ですが、また機会があればぜひよろしくお願いします。
~~~


~~~
現代福祉学部でも、
経済の仕組みや、商業戦略まで知ることで、
私たちが今後どのように考えて行動にうつしていくことが、
自分のしあわせにつながるのか、
その現実が見れた気がしました。

大輔さんがいっていたことは、
私が大学に入学して感じたことと同じで、
人間として成長できる原点を知れました。

まだ19歳だから、これから先、
たくさんの経験をして人生を豊かにできたらいいなと思います。
~~~



~~~
「好きだから怒る」っていう言葉
ドキっとしたし、凄く納得しました。

電車の歩き方の話を聞いて、
歩けば、探し物は、見つかるんだなって。

今まで自分から動かなかったせいで
気付かなかっただけで、
つまんない人生送っちゃったなぁっとちょっと後悔。

これからの人生は、
今までの分も、充実したものになるように、
まず、好きなものを見つけて、動いてい行きたいと思います。
~~~~


~~
日本経済の衰退
商品の衰退期、
そこに地と図の関係、やはり視点があるかないかで変わると思います
利益と理念の話も、
この地と図の関係理論に当てはまりますね。
~~~



~~~
よく「学生は色々なことにチャレンジしよう」など言われますが、
やるからには、面白いこと、楽しいことだけやりたくなるもので、
ただ、今日のお話を聞いて、
楽なことだけやるとか、
そういう意識は変えたほうがいいと思いました。


物事には常に相反するものがあって、
難しければ、難しいほど、楽しいっていう世界があるし、
自らでていって、動いて、
今日いっていた自分をデザインする7つのことくらいから、
チャレンジしてみようと思います。
~~~~


~~~
私は食べ物が大好きですが、
好きと憤りの経験は、
不二家のチョコに虫が入っていた事件がショックでしたが
原体験としては、お寿司屋さんのお吸い物にゴキブリが入っていたこと。
大きなテーマが、食への安全性について、
というのが私の中で芽生えたのでしょう。

今の自分はエゴしかなくて理念がないですが、
知らないことが多いから、感じることも少ないんだ
ってはっとしました。

(略)

イキイキとした眼を手に入れるためには
修業が必要なんですね。

ひきこもらないで、運とか可能性をみつけるために
積極的に行動しなければと思いました。
まず、電車に乗ったら、座らず歩いてみようと思います~。
~~~


~~
マーケティングについて考えると、
儲けることばかり考えてしまっていましたが、
まず「お客さん」という存在について、
そして「ライバル」について、考えるべきだということ
すごく納得しました。
~~~


~~~
実は、私は、
陸前高田市へ、震災ボランティアへゆきました。
やはり、行ってみると、メディアとは違う。
・人と会う
・旅をする
・本を読む
これらこの3つを基に、大学生活を送りたいです。
~~~


~~~~
実際に見るのと、
メディアでみるのと、どれだけ違うことか。

話の流れや、人を丸めこむ過程などをみていると
最後までうさんくささは消えていませんでしたが、
今回は、自分がうっすら意識していたことを
確認したり、深められる内容であり、
あまりに多くのことを吸収させられる事業だったので、
自分の中で、しっかり考え直したいです。

やはり、大学では、他人の縁でもっても、
色々な方に出会えてしまう場なんだと改めて思いました。

ちなみに
父は、ヨハンクライフの大ファンで、
「美しく勝利せよ」の話は何度も聞かされました。
~~~~~


~~~~
二次情報ではなく
いかに、全身全霊で、一次情報に触れるかが、
自分を豊かにする1つの鍵なんですね。

自らもっと、福祉や地域の現場に行きます。

ちなみに、
親の反対もありながら、一人旅に行ってきたことで、
それで自分に自信が持てましたし、
本講義を受けて、またもっと行動しようって
思いました。
~~~~

~~~
マーケティングや経営って、
じつは「まちづくり」や「福祉」に関係ないと思っていました。

しかし、そのまちをどう売り込むかということは
重要な問題であり、マーケティングを学ぶことは、
その問題に取り組むために非常に重要なこととわかった。

進路やビジョンについて悩んでいたが、

自分が好きなことの中から、
問題意識を見出し、それを何とかしたいと、
思う気持ちがあり、それによって
で動き出せばいいのだと思った。

だから、
人と出会ったり、本を読んだり、
大学で勉強するのだと、色々とつながった。

もっと挑戦していこうと思った。
またどこかで古川さんのお話を伺いたい
~~~




スポンサーサイト
編集 / 2011.11.17 / コメント: 1 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ