【3ちゃん 製材 】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【3ちゃん 製材 】


改めて「規模」じゃないなぁと、思う。

立地・規模・のれん(ブランド)
といった差別化の3要素と言われた時代は古いのかもしれない。


新生産システムという、木材の取扱量が10万立法クラスという、
新工場を増やそうとしてきた時代の中、100分の1もみたな
い規模で、製材をしている会社が経営を持続している、いわゆ
る「3ちゃん製材(とうちゃん、かぁちゃん、にいちゃん)」
という規模もある。

こんかい、そんな3ちゃん製材さんを尋ねました。


(実は、3ちゃんは意外と生産性が高いということ、
 については割愛する)



RIMG8038.jpg
園部地域

RIMG8085.jpg
農村風景に溶け込む製材所、看板などない。


先日ツイッターを通して、参加頂いた(第一回無料体験)
の大阪の実践研究会にお越し頂いた。

コテラ木材さんへ。


文字通り、お父様(社長)、息子様、お母様、
3人が挨拶された。


「こんな、いなかのところに
 わざわざ足を運んで頂いてすみません」

って、「いやいや、吉野の山奥に比べたら、
  全然、マチですよ」と私はホンネで言う。


台車1台、盤2台、自力で造った乾燥機1台。京都産の木材
(桧7割、杉3割)の製材工場。鳥居などの特殊材も納材
するのみならず、京都の材にこだわった製材をし、木の家づく
りに熱い思いがある。

RIMG8049.jpg
整然とされた製材所

RIMG8058.jpg
きれいに並べられた天板。

RIMG8067.jpg
もちろん京都府内産材

RIMG8069.jpg
オリジナル乾燥機

RIMG8071.jpg
特殊加工(神社の鳥居などに)

素敵だ。


もともと、会社の名前を製材所と言う名前にしたくなかった
のは、ただただ木を挽くのみでなく、直接、木材配達も行い、
幅広い対応をしているよっという名前にしたかったというお
父様は、創業者。


かわいらしいツミキや、自家製のイスも見せて頂いた。
なかなかおしゃれ、端材利用についても積極的。


RIMG8044.jpg
さわり心地が気持ちいいツミキ

RIMG8045.jpg
おしゃれデザイン

RIMG8046.jpg
工夫がある。



夜は、彼(息子)が納材した、カフェ&バーにいった。彼は、
建築業者で5年就業して実家(製材)に帰ったため、建築に
詳しい。

RIMG8087.jpg

RIMG8091_20110925172107.jpg

RIMG8099.jpg


http://ocho8-cafe.com/menu.html
CAFE&BAR「BARRA DE CAFE OCHO(バラデ デ カフェ オチョ)

そのカフェ&バーは、なんと、サッカー好き。これまた趣味が
あぅ。びっくりしたのはペスカドーラ町田(フットサルチーム)
のエースとマスターが知り合いと言う事で、なぜか、ここ亀岡
市で、町田のグッズが売っていた。

笑った。繋がるもんですね。



亀岡駅まで送って頂いた。「まずは動くことですね!」ともに
夢を共有できたと思う。ありがとうございます。

スポンサーサイト
編集 / 2011.09.14 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ