【メーカー(農林漁業)と流通の関係から 】

【メーカーと流通の関係から 】 


メーカーと流通
マーケティングについて少し思う事。

国産材についてのみではなく、言えることかもしれませんが、
農林漁業全般に言えるかも知れませんが、
お読み頂ければ幸いです。



【国産材(地域材)、これはあるけど、あれはない。
     それでは困る、全部ないのと、ほぼ同義】 


と、575775でまとめ
ましたが、買う(使う)側からすれば、国産材への機運は高ま
っていますが、やはり飽くなきQCDの追及をすべきで、品質不
揃い、価格不明、納期曖昧、こそまず変革でしょう。そういう
意味では「価格」じゃないんですね問題は。

同じく、

【国産材(地域材)、これは買うけど、あれ買わぬ。
     それでは困る、全部要らぬと、ほぼ同義】



 と、製材(メーカー)側は、
流通に対して、規格外の製品を買わないからと、こう主張する
ことが多いが、ホルモンはホルモン屋へ、トロはトロへと、販
路開拓は自ら変革せねばと思います。


結局は「両方(メーカーと流通)との相互理解」が必要なんで
すが、林材業は特に、顧客至上主義、製品至上主義、どっちか
に偏りすぎては行けないと思います。(これも、現在おかれて
いるその会社・産地によって変わるし、顧客って誰?っという
ことで変わるのですが・・・)だから面白いのでしょう。


例えばマーケティング一般論。


プロダクトアウト(成長期) → マーケットイン(安定期)
→ 融合型 (衰退期からイノベーション)  という順番
が企業(個人)成長になります。経験として、顧客主導型の
マーケットインを経験しない林材業者は、いきなり「融合型」
はできない。これは、利益と理念も一緒だと思います。


営業論も、プッシュ型営業(成長期)→プル型営業(安定期)
→ソーシャル共感型営業(衰退期からイノベーション)とは
いいますが、それはその時々の都合であって、高い「概念化」
ができる人は違う見方をしています。

地球防衛軍的ソーシャル型から始まった若者がろくに仕事(利
潤獲得)できぬのもその例だと思います。


そういうステージがあると認識し、
今置かれているその時々で顧客と向き合う事。



以上、自分への「戒め」と「渇」でした。
ありがとうございます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『本日の学び』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■まなび■

・人が本気になれないのは、
 結局、逃げられる「何か」があること。
 「本気」になるには「捨てる」こと。
 

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply