【午後の紅茶から 木材の売り方を 学ぶ 】

【午後の紅茶から学ぶ 】


午後の紅茶のCMをみて、極めて学ぶことが多かった。


まとめると3つ。


1)料理家「けんたろう」起用 (時流適応)
2)おべんとう (補完財の提供)
3)カフェごはんレシピ(使用時イメージ訴求)


http://www.beverage.co.jp/gogo/recipe/
詳しくはこちら。



午後の紅茶には4種類あるようです。

 1.レモンティー
 2.ミルクティー
 3.ストレートティー
 4.無糖ブレーンティー

そこで、
料理家ケンタロウ氏が持ってきた「カフェおべんとう」は
4種類。それぞれの午後の紅茶にあうものを、このお弁当には
レモンティー、このお弁当にはミルクティー、と女性3名とケ
ンタロウがそれぞれを選んで、楽しい時間をまさに過ごさんと
するのです。

まさに、補完財の提供で、是ぞピッタリというものを提供し、
使用時のイメージ訴求に繋げ、もちろん、カフェご飯という
時流にもあやかっています。

テレビCMではその4種類しか提供されませんが、そこには、
50年続いてきたポッカレモンと同様に、その使い方のレシ
ピを提供するがごとこく、ホームページには、カフェご飯
レシピを提供しています。

まさに、キリン(KIRIN)のコーポレートメッセージで
ある。「おいしさを笑顔に」ということから繋がっているの
です。

企業ブランドメッセージ。

商品から販促(集客)、接客、アフターまで。
一貫したメッセージを伝えるブランドコンタククトポイント。

1)コーポレートメッセージ
2)時流適応 
3)補完財の提示
4)使用時訴求
5)徹底的な情報提供。

林材業界への応用シーンを明日、研究会で、提供しようと
思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『本日の学び』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
< ヒト-圧倒的な知的生命体 >

ずば抜けた頭脳を武器に、この地上で大繁栄をとげ、ついには
宇宙にまで進出した動物。読み書き・計算にすぐれ、計画を立
て、新しいアイデアを繰り出して困難を克服するヒトの能力。
そのしくみは? ホモ・サピエンス
(NewTon12月号のつり革広告を横浜線でみて)


「野菜の元気と、わたしをあげる。」KAGOMEとAKB48.。 

どちらも、「ヒト」 (つり革広告を横浜線でみて)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply