【文化的共鳴を背景に夢と具体化を語る】



なんのために利益を上げるのか。利益の使い道を明らかにして
いる会社が永続起業の条件であるという。そして、その使い道
とは文化的活動というのがひとつのキーとなる。アメリカでは
税引前利益の10%までを文化的事業に使うと、その分税金が
免除される。日本の会社にそのしくみはない。日本の企業の利
益目的はまだまだ不明確なところが多い。


どこの会社にいても仕事に対する姿勢、仕事から学ぶことはほ
ぼ一緒であろう。具体的に言えば、利益を上げること、売上げを
あげて、コストを下げること。その二つしかない。しかし、その時
間、空間、仲間を共にする会社というモノに対して、「共通の理
念」「文化的共鳴」がなければ、おそらくその組織というコトとは、
一過性のものであり、結果、利益も伴わなくなってくる。


「利益」か「理念」か  

「利益」と「理念」と 

 
そのバランスの難しさはサッカー部時代に体験した。勝利とい
う結果を追求すること、学生主体という理念を追求すること。
勝利のみを追及した場合に後に何も残らないことを体験してい
る。一部に昇格したという結果は残っても、俺たちがサッカー
をしてるんだという自負、共感はなにか少ないように思えた。

あのときの後悔は今に生きるのか。会社にいても、やはり、夢
を語り合える関係性、すなわち、具体的にいえば、文化的共鳴
を感じられる仲間と出会えるかどうかが大きい。矮小化してし
まう自分に問いかけて、それを語れる上司や後輩がいるかどう
かである。

「お~い、今日、大阪事務所にいる?梅田でご飯食べようぜ」


そこから二人の先輩と共にした金曜の夜。やはり「語れる仲間」
すなわち「夢」と「その具現化」について、徹底的に語り、そ
の背景にある「文化的共鳴」が大切だ。それこそが、人生とい
う船を順風満帆な旅とさせる。


ぶつかって、たたかって、かたって、つよくなる。自分に。
最後に思う、そうはいっても、戦うのは自分である。だから
利益を上げたくなる。「利益」と「理念」とに。

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply