【北川正恭氏の講演】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【北川正恭(早稲田大学大学院教授)
                前三重県知事の講演】
  

久しぶりに「しびれた!」といっていいセミナーであった。北
川さんのセミナーが「シビれた」理由は、自分の中で、3つす
ぐあがった。1)話し方(俳優並みのトーン、声のハリ、やや
時折出す演技的な罵声) 2)具体事例を忠実に本音レベルで
話したこと 3)時折見られる理論的キーワード というよう
になろう。事例は3つだった。


1)県立病院の独法化、赤字脱却の話
2)シャープ企業誘致の話
3)県職員改革の話


具体的話は割愛するが、とかくいえるのは、行政特有の問題を
きちんと顧客志向に変えてゆくことを徹底させたことだろう。すな
わち、固有の個人の尊厳、認められたい、理事長でいたい、課
長になりたい、というエゴを、住民のためにという視点に変えさせ
たことが改革の大きな要素である。

そこに、コスト削減、利益目標という数字を、共通の理念、共通
の価値観として持たせて変革をもたらせたという。これが北川
さんのいう「立ち位置を変える」ということであり、
「all for one, one for all」と何度も、大きな声で発言され
た。「一人はみんなのために、みんなは一人のために」である。


さて、そんなのわかっている。共通の理念を出し、数字目標を
つくり、仮説に基づいて、戦略を立てて、具体的に実行する。
それでも、既得権益にすがりつき、自分の利益を優先したがる。
だから、どうしたらいいんだ?と思うばかりの私に、それでは
北川さんの講演も刺さらない。しかし、なるほど、それか、や
っぱりそれかと思うことを「数字で」説明し、証明してくれた
のであった。

「私は8年間知事をやりました。1年間の労働時間は2000時間
でした。よって知事の間の1万6千時間ありましたが、そのう
ち職員との対話時間に1万2千時間使いました。」


やはりそうだったかと思えた。結局、北川知事の方法はカーネ
ギーの言う人を動かすというのとヤヤ違う。手厳しい部分もあ
ったと思う。やや独占的なところもあったと思う。しかし、徹
底的に職員と腹を割って話した。腹を据えて話した。そして、
当事者に責任を持たせて、共通の数字理念をだし、実行に移し
ていったという事実であろう。そのあたりも具体的にユーモア
と皮肉と機知とたっぷりに話してくださった。人を動かす、そ
の部分での北川流哲学は「腹を割って話そうよ」ということだ
と私は思った。


マニフェストという流行語大賞を生んだ北川氏。「今はもうみ
んな使っちゃって私の思う壺です」と笑いながらチャーミング
に話す部分も併せ持つ。最後に質疑応答でめいいっぱい熱く解
説してくれたあと「もっと聞きたい、もっと知りたい、そんな
人は、是非早稲田大学大学院のほうにお越しください!」とい
うオチで占め、会場の笑いを独占した。

スポンサーサイト
編集 / 2005.08.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ