【儲けている人は、断定する。~タクシー運転手からの成功の秘訣~】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【儲けている人は、断定する。】


東京タクシー物語。

本日も会話調でお伝えいたします。
タクシー運転手さんからの学び講座、です。


タクシーの乗り方については、かつての日報にも書きましたの
で割愛しますので、いきなり、会話からお楽しみください。

ようするに、自分の財布が減っていくのにもかかわらずタクシ
ーに乗るのであるから、ただ輸送手段としてのみ使うのはもった
いないということなので、情報を収集しましょうということ。


今回は、儲けている人というのがテーマですが、儲ける、
儲けないは別として、一般に、成功している人とは何か、
そういうヒントを頂きましたので皆様にシェア致します。


さて、その日
東京駅八重洲口を出て、すぐ目の前の歩道橋にタクシーが止ま
っていたので、そこからサっと乗りました。


「○○○まで」


「はいよ、秋葉原の先のとこね」


「はい、しかし、いま、この場所で待ってたらたくさん
  お客さん、拾えるでしょうね。」

「えぇ、まぁ、でも止まっていられるのはちょっとだけ
 基本は駐禁ですから。危ないなと思ったら、さ~っと
移動はしてるんです」

「なるほどね、
 テリトリーは八重洲なんですか?」

「夜は歌舞伎町なんだ、エリアは都内23区なら
 どこでもいいんだよね」

「そうなんですか、すると自分の集客力の
  力量によりますね。いま、一日、5万くらいですか?」

「いやいや、最近は全然ですよ。」

「そうですか、大阪は3万行かないみたいですよ。
 東京はやはり大阪に比べればいいんですかね。」

「いやそうでもないよ、うちを始め最近の都内のタクシー会社はね
 いま、2ヶ月連続3万いかなかったら
  首を宣告されますよ。。」

「厳しいですね。」

「えぇ、平均5万6千円くらいってはじめて
  以前の給料をまぁ維持できるくらいです」

「そうすると、やはり、色々と情報収集して、
  どこでお客さんを掴めるかとかノウハウは
  どこで得てるんですか?」


「これはね、もう仲間内ですよ。当然。
 でもね、稼いでいる人に聞かなきゃダメなんですよ。
 やっぱり稼いでいる人は情報を持ってるし、
  それが確実なんだよね」

「というと?」

「いや、稼いでいる人はね、あそこが儲かるよって
 断定して教えてくれるけど、
 まぁあんまり稼いでいない人はね、
 あそこが儲かるらしいよっとか、って話すもんでね。」

「なるほど、
 情報を持っている、持っていないとかじゃなくて
 儲かっている人か、そうでないか、
 そして、儲けている人は、
 ちゃんと「断定」して言える「現場(経験)」がありますもんね」


「そう、だからまず、
 あいつ稼いでいるよっていう人と仲良くなって、
 それで実行してうまくいったら、
 お礼を言う、自分も見つけて、また教え合うんだ」


「そうですか、
 あれ?運転手さん、こちらの背中に、
 R25が置いていありますが、
    リクルートさんと契約してるんですか?」


「いやいや、知らない間に
   5冊くらいはいってたんですよ。」


「あ、これは、すごいですね。
 このテイクバックは広告料取れますのに。」

「いや、さっきのお客さまもね、読んでて
 これもらってっていい?って聞かれたんでね。
 ゴミになるのもあれですし、どうぞって笑」


「ははは、リクルートはしてやったりですね。
 (でも、捕まりますね笑)

 でも、どうせやるんだったら、ここに
 ○○タクシー 売上No10の運転手が
 教える ラーメン屋、焼き肉屋、ベスト10
 とか、つくってみてはどうでしょう? 」

「はぁ、なるほど」

「やはり、圧倒的な情報持ってますからね。
  ちなみに、運転手さんはどこが一番
    お薦めですか?」

「いや、まだタクシー2ヶ月で」


「そうですか、
ロンドンのタクシーの運転手に採用されるには、
市内の道路を熟知していなければならないので、
自転車での実地試験に合格せねばなりませんからね。」

「そうらしいですね、私は東京の道はまだまだ・・・」

「東京の場合もスピーディーに裏路を知ってると
価格分の価値で得したと思いますし、
いいお店を教えてくれたらなおさらですよね。」 


「あれ?ここでいいのかな?」


「はい、ありがとうございます」


おっと。忘れていました、トランクを開けて
大きなキャリーバックを入れるときでした。


「何か、壊れモノとかありませんか?」

とさっと降りて丁寧に対応してくれました、初め
てです。当たり前のことですが、別の業界、別の
商品の顧客体験をして分かるサービス力とは何か
ということ。

業界が停滞しているというのは嘘であり、時流に
応じた顧客のくすぐったいところは常に存在して
いるはずでしょう。


「稼いでいる人(うまくいってる人)から話を聞くんだよ」


断言されたその運転手さん、今後は、色々と新人さんに、断定
形で、儲けのポイントをお教えしているのでしょう。

ただし、教えたところは、次の時には、
儲けのカスになってしまうもんですが・・・。

本日も
 良き学びに感謝です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪3♪『本日の学び』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RuiHiwat スポーツでも経営でも「意識変革」ってよく言わ
れるんだけど、それって目指すべき結果(の一部)であって手
段ではない。意識ばかり唱える指導者は無能のシグナルを送っ
ている事が多かった。意識変革に至る仕組を作り、具体的な思
考/行動変化の積重ねを促せる時に成功する。意識変革と唱え
ずとも。
スポンサーサイト
編集 / 2010.06.22 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ