【高野山事務所 新規スタッフ募集。】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
tobimushiからのお知らせです。

  【以下、募集は終了致しました。2010年7月1日】

【高野山事務所 新規スタッフ募集】


地域プロデューサー候補、来たれ!

トビムシでは、地域プロデューサー候補を募集します。挑戦の舞台は、雲上の町・高野山。高野山の玄関口にある「高野霊木之家」を拠点に、森林資源を核とした地域の魅力を発見・発信しながら、新しい事業をつくっていく仕事です。


(トビムシのいう、地域プロデューサーとは、地域の人々と丁寧に関係性を繋ぎながら
 文化・歴史を大切にし、地域で、新しく事業をプロデュースしていく人材のことです)


(今後、バイテンでも高野山企画展や高野山森林セラピーツアーの企画、ツアー受付をおこなう予定です。)
20100610_1184979.jpg



株式会社トビムシは、「地域の眠れる資産を顕在化し、森への期待を喚起し、人々の連綿たる想いをつなぎ、世の流れを創造する」をミッションとして、全国各地で森林再生を軸にした持続可能な地域づくりをおこなっています。
そのひとつ高野山は、お大師さま(弘法大師空海)が開いた真言宗の総本山で2015年に開創1200年を迎えます。毎年120万人を超える観光客・信徒様が参上する世界遺産・高野山。この高野山の1200年の森林を守るため、トビムシは、森林・林業・木材に関連するマーケティングや、高野霊木を活かした商品開発、森林ツアーのメニュー化、そして環境宗教都市としての高野町のまちづくりや集落支援などをおこなっています。

このたびトビムシでは、高野山事務所の新スタッフ、地域プロデューサー候補を募集します。

仕事は、今年4月にグランドオープンした「高野霊木之家」を拠点に、地域の情報発信や、地域資源を活かした商品企画をおこないながら、新しい事業をつくっていくこと。この高野山という「特別な場所」で、持続可能な地域づくりに挑戦したいという方はぜひ応募してください。


20100610_1184976.jpg


高野山という場所で、地域の仕事をすることのイメージが持ちにくいかもしれません。

そこで、地域プロデューサーの先輩の声を紹介します。

「百年の森林事業」を展開する岡山県西粟倉村。トビムシの西粟倉常駐スタッフとして地域に入り、昨年10月に「挑戦する村民の伴走者」である『株式会社西粟倉・森の学校』を立ち上げた牧大介はこう言います。
「地域の未来を切り拓いていくための挑戦を次々と生み出し連鎖させていく、というのが地域プロデューサーの仕事です。そのために必要なのは、丁寧に粘り強く対話を重ねながら関係者の前向きな気持ちを醸成していく調整力、対話の積み重ねの中から地域の可能性を見出し、商品や事業のコンセプトに落とし込む企画力が求められます。高野山は、人がどう生きていくべきかを深く考え実行し、そして社会に大きな影響を与えていくことができる特別な場所だと思います。」


20100610_1184977.jpg


次に、実際に高野山で地域の仕事をしている先輩の話を紹介します。
高野山で森林セラピーツアーや高野材の等の企画をしている杉森さん。今年3月から高野山で働いている女性スタッフです。

「私はこれまで環境関連の仕事をしていました。でも、「持続可能な発展」「循環型社会」といった標語が世界中で叫ばれているけど、その具体形や道筋は地域によって違うはず、では「持続可能な地域をつくる」とは、実際にはどういうことなのだろう?という疑問を持っていました。ここ高野山は森林を基礎として宗教空間が広がり独自の社会が築かれ、日本中に向けて情報を発信してきた、世界中どこを探しても例がない地域です。今その社会の持続性が失われかけているのだとすれば、それを取り戻す方法も含めて日本中・世界中に発信することができるはずです。」


20100610_1184974.jpg



そんな杉森さんが考える高野山での仕事のやりがいは?
「ここで仕事を始めるまで、林業の現場も、地域づくりも、まして宗教のことも何も知りませんでした。そして未だに戸惑うことも多くあります。でも、森林・林業の専門家、地域づくりに邁進する人たち、宗教関係者・・・、色々な方との出会いと学びがあり、さらにこれまでそういったことに関わりのなかった人たちも巻き込んでいくフィールドがあります。出逢い、学びの活用、発信のチャンスがたくさん転がっている、ここは都会よりも恵まれた環境だと思います。」

20100610_1184973.jpg



もう一人、昨年末より高野山で仕事をしている浜渦さん。これまでウェブ制作等の仕事をしており、高野山でも主に地域の情報発信を担当しています。
「東京で6年くらい仕事をしていました。訳あって一度実家に帰り、さて東京に戻ろうかという時に、地域を見てみたいと思いました。特に田舎暮らしに憧れていたわけでもなかったのですが、「働くってなんだろう?」「お金ってなんだろう?」という問いに対する答えがあるのではないかと思い高野山へ来ました。今までの仕事のキャリアを必要としてくれています。1200年の歴史のある町で変わることなく続く信仰、その背景にある文化、日本人として「本質的な生き方」が高野山で見えてくる気がしています。」


20100610_1184975.jpg



浜渦さんの仕事は、情報発信のためのウェブやツールをつくることだけではありません。地域の方々との丁寧な対話をすることから始まり、そこにある地域の価値をかたちにして発信していくことです。
「高野山にはたくさんの資源があります。歴史、文化、宗教、自然、産業。しかし高野町はこの10年で9000人から4000人へと人口の減少が進んでいます。資源はあるがそれを上手く活かしきれず、人口の流出を止めることができていません。人が幸せに暮らすためには、受身では立ち行かなくなってきているようです。高野町は昨年から集落支援員という制度を取り入れ、外部から人を入れることで地域の活性化を図っています。トビムシも森林資源の活性化を軸にそれを支援しています。行政や民間が協力し、更に高野山の精神性でもある金剛峯寺とも連携、協調をして高野町の活性化を進めているのです。働くってなんだろう、暮らすってなんだろう。この地域の人々の想いを聞きながら、高野町の未来とそこでの生活の在り方を見つけていくのだと思います。」


RIMG0558.jpg


こんな仲間たちと、町の人々とともに、高野山という特別な場所で、地域のプロデュースにチャレンジする人材を募集しています。興味がある方はぜひ下記までご応募ください。


20100610_1184978.jpg



募集要項

株式会社トビムシ 高野山事務所スタッフ(契約社員)1名

●主な業務:地域情報発信拠点(高野霊木之家)の企画・運営・管理
 地域資源を活用した商品・事業企画開発・販売
 その他、高野町のまちづくりに関する各種業務
●職種:企画・営業職

●給与:当社規定による ※経験、年齢、能力を考慮し、当社規定にて優遇。

●期間:平成22年7月1日以降(応相談) 原則1年(期間延長あり)

●勤務地:和歌山県伊都郡高野町高野山510-1トビムシ高野山事務所および高野霊木之家
(アクセス:大阪難波駅から南海高野線で高野山駅まで特急で1時間20分)

●条件:
1 森林再生、地域再生への熱意があり、地域の方々の暮らしやその心を大切にでき、
  かつ、その地域ならではの歴史・文化を大切にできる方
2 新しいことに意欲的で、かつ積極的に行動ができる方。ビジネス経験概ね3年以上が望ましい
3 ITスキルのある方(エクセル、パワーポイントなど)
 (Photoshop、Illustrator、DreamWeaver等実務スキル保有者優遇)

●募集期間:6/10(水)~6/30(水)

●選考プロセス
第一次選考(書類選考)
 ↓
第二次選考(面接:東京又は関西)
 ↓
採用
※次の選考ステップに進まれる方のみメールにてご連絡させていただきます。
※応募に際して疑問等がある場合は、直接ご相談を承ります。東京オフィス(秋葉原)か関西のスタッフが対応いたしますので、下記連絡先までご相談ください。

●短期インターン生の募集について
契約社員の募集にあわせて、7~9月の短期インターン生も募集します。業務内容は上記業務の補助となります。勤務期間、条件等につきましては、別途ご相談させていただきますので、まずは下記応募方法でお申し込み、お問い合わせをお願いします。

●応募方法
履歴書(様式自由。本人顔写真貼付のこと)を下記連絡先までメール添付か郵送で提出してください。※短期インターンでの応募の場合は、その旨を明記してください。
・履歴書には、日中に確実に連絡可能な連絡先(携帯電話等)を明記してください。
・自身のホームページ、ブログ等、自己PRにつながるものがあれば添付できます。
※応募に際し提出された書類は原則として、返却いたしません。また、応募書類を含む個人情報はトビムシの個人情報保護方針に基づき、適切に管理いたします。

●採用に関する問合せ及び書類送付先
株式会社トビムシ
http://www.tobimushi.co.jp/
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11番14号アーツ千代田3331
Tel: 03-6240-1064 Fax: 03-6240-1065
E-mailknishihara@tobimushi.co.jp
担当:西原


スポンサーサイト
編集 / 2010.06.10 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ