スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アップル社代表取締役(前刀禎明)との出会い】



黒いTシャツにカジュアルパンツ、そして黒い皮靴。阿部寛風
(やや石田純一風)なファッションセンスに、真田広幸に似た
甘いフェイス。見た目30代後半。その男は、前刀さん。アップ
ル代表取締役。その彼のサクセスストーリーを聞くと、どう考
えても別世界の人と思えてならない。

転職暦も「ソニー」→「ベイン&カンパニー」→「ディズニー」→
「AOL」→「元ライブドア」→「経営コンサル(経営者)」→「アップ
ル代表」という輝かしい経歴である。プレゼン内容は主に、iPod
の広告、宣伝、戦略についてであったが、ウインドウズではなく
アップルのコンピューターから繰り出される動画の連続、抜群の
ビジュアルセンスを見せられ見入ってしまった。前刀さんが紹介
なされた「サクセス話」をここで3つ紹介してみたい。


①カセット→CD→MD→iPodへ
②Walkman9% iPOD73% otheres18%
③BMWが「iPod」の付属品


①は、本来MD→デジタルミュージック→と媒体の名前へと発
展するところ、消費者の認知は、媒体名からiPodという商品名
になったいうことを表現された。②についていえば、ミュージ
ックプレーヤーといえば?という調査の回答である。ウォーク
マンをはるかに凌いでいるという。さらに③。アルファロメ
BMW、日産など大手自動車メーカーとの提携により、デジタ
ルミュージックが車内で聞けるようになった。iPodにとって、
最大最高の付属品がBMWであるという「自信話(自慢話)」
までされた。

さて、そうはいっても彼は技術者ではない。デザイナーでもな
い。一体彼は何をやったのだろう。実は、今回話したいことは、
この社長が何ができるのか、何がすごいのかということである。
そこで聞いてみた。


「前刀さんは、
いま、ソニーの再建をやれといわれたら今アップルやめてやります
か?」

「愛社精神って次々転職されているから、あるようでないと思
いますが、前刀さんの○○愛ってのは一体なんですか?」

と質問した。前者の質問はうまくかわされた。しかし、後者の
質問については即答だった。「一般の人に伝わらない「技術」を
より消費者に近づいて訴求することの楽しさ。それだけを追求
してずっと仕事をしています。」と。

「技術」と「消費者」を結ぶ架け橋。

抽象的ではあるが、それが彼の仕事なのだろう。ソニーは技術あ
りきで消費者から遠い存在になっているという。実態つかみきれず
やや不完全燃焼であったが、お偉い人に出会えたのは事実。

色々と感謝したい。私はその後名刺交換をした。日本の地域再生
も、この人と対等に話せる日はくるのだろうか。自分のフィールドで
最高の結果を出せるようと誓った日でもある。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。