【佐渡島 その1】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
二日間の佐渡訪問を書いてみよた。(長文ごめん)



店員「630円になります!」
古川「えぇ!高すぎないすか?たかが牛乳でしょ!?」
店員「いえ、アイスミルクは630円でして、すみません」

こんな観光客はイヤなのか。それは、佐渡汽船の乗降所の中に
ある喫茶店だ。実はこれが佐渡島の経済的現状を表す一つの指
標であったとは、そのとき私は気づきもしなかった。その結論
は明日の日報に続くとしよう。今回は、誕生1周年の佐渡市市
役所の職員から弊社へ連絡があって足を運ぶこととなった。詳
しい話は省くが、ようするに


「佐渡島を活性したい!その援助を求む!」

ということである。よって、市役所は、コンサルに依頼しよう
とコンペ前の情報収集ということで、色々なコンサルにあたっ
ており、そのヒトツとして弊社にあたっている。先方の狙いは
「情報収集」「ノウハウ取得」。来週はまた違うコンサルがく
ると正直に伝えてくれた。

話を聞くに、役所自体もどういう方向に佐渡が向かうかが明確
ではないと、不安をポロっと打ち明けてくれた。この役所職員は、
改革推進に意欲を燃やし地元の企業に自らどんどん足を運んで、
ヒアリングを熱心に行い、佐渡の経済活性化のために尽くしている。
ようするに、島の外からお金をいかに持ってる来るかを考える。佐
渡でも沖でも「外貨獲得」といっていい、その言葉はキーワードだ。


本日最も伝えたいことを3つにしてみた。いわゆる過疎化が進
む佐渡島で、いま何が起こっているかということである。


①「トキ」と「蘇我さん」への冷ややかな目線
②農産物 魚産物 あるし食えるし 家あるし 
③島を出ない人たちのニート化現象


①「トキ」実は知らぬ人も多いだろうがもう80羽も増えた。
しかし「トキは金にならんし、トキなんていらんよ!」という
声を聞く。「あまりトキに熱を入れてる島民はいないんじゃな
いすかねぇ」というのも聞いた。最初は騒ぐが、生活と関係な
い話には興味がなくなるという。その象徴的な例が「蘇我さん」
に対する扱いもそうだという。もちろん、それが佐渡市の何%
の人の意見だということはいえないが「もう蘇我さんもほっと
いてやれば~」という具合だという。確かに市が税金によって
生活費を負担しているという現状もあり、やや島民も冷ややか
だという。


②そこで、過疎過疎といいながらも、逆説的な声もあった「佐
渡は裕福なんだよ」これを象徴するのは「海産物、農産物」に
は困らず、食えることだ。確かに、大学院時代に、対馬でもそ
ういった声を聞いた。海もあるし、田んぼも畑もあれば、これ
といって、勤欲意識は生まれない。建物も瓦屋根の家が並び、
「家」は意外と安泰なのである。

③島を出ない人、高卒で地元で働く人というのは、特に、努力
して、残業して、働くという意識が弱い。「新卒は、半数以上
が1年以内で離職するんじゃないですか?」という。ニート化
というのは島でも歳でも同じである。団塊世代がある程度金が
あるから、子どもに甘くなるらしい。


まとめたい。
佐渡島。性格は保守的。冷ややかな現実主義。しかし、人間性
は田舎に行けば行くほど素性がいい。勤欲意識は低いが、米も
野菜もあって、サザエもカキもワカメもイカもあって、海もき
れいで幸せである。観光業も落ち目だが、元気な企業もある。


確かに「活性化したい」といい役所から呼ばれた。しかしだ。
済活性化を促すこと。それは、若い人を呼び込むことだ。と短
絡的に考えたり、また、それぞれ両方の目的を達成することだ
けに執着したりとする必要ははたまたあるのだろうか?実は、
ある集落では、数人の高学歴者がIターンして住んでいる地区
があるという。一人は新潟で塾講師をしているそうだ。色々な
生き方がある。そう考えると役所側からの「佐渡は裕福なんだ
よな」という揶揄に集約されるよう「地域活性化」の視点とは、
経済活性という視点でのみではコンセンサスが得にくい地域で
あろう。これはどこでも一緒の命題か。


【佐渡島日報 その2】
          ~離島の不利さに勝つ佐渡の元気な企業~




「トランクひとつで~♪」

米米クラブのロマン飛行ではない。これが佐渡島T社の営業マ
ンである。離島には大欠点がある。それは輸送費がかかること。
であるから、やはり輸送費のかからぬ軽工業品でないと苦しい。
その不利さを軽減して、ようやく本土や海外から外貨を得られ
るビジネスとなる。しかし、T社(売上41億円、従業員550名)
ここは携帯電話のボタンを作る会社である。こんなシーンがある。


「寒波で船が出ません!」


納期が絶対であるこの世界。何が何でも出さなければならない。
島民の性質、性格から考えれば、日本海が大荒れしていたらゆっ
くり休めばいいではないかというのが常。沖縄の台風と県民性と
似ている。しかし、パナソニック、シャープ、ノキアさんには許
されない。天候なんてそっちの都合だ!といわれれば当たり前で
ある。色々な戦略を練って準備をするそうだ。例えば、数個でも
箱を運ばなければならない場合。トランクひとつで、営業マンが
携帯ボタンを詰めこんで、あらゆる手段を使ってノキアの本社フ
ィンランドに飛ぶのだという。


結局、話を聞くと、この会社のトップの人生も波乱万丈で面白い
が、前向き、プラス発想、積極性、人なつこさ、色々とある。今
や500人の雇用を生み出した佐渡島のスター社長であるが、俺は目
立ちたくないんだと謙虚な姿勢も併せ持つ。「まだ帰らないだろ
?」と僕らにいい、佐渡名物のサザエをご馳走して下さって、佐渡
について語り合い、ビジネスについて語り合った。

いえ、色々教わったというのが正しい。


~佐渡島でビジネスを成功させるには~

①一度、東京か新潟に出て、一人暮らしの辛さを知ってから戻るべし
②突然の不慮の経営難のためにも、外国人労働者を派遣で入れる
③国内島内の従業員には絶対に食わせるだけの利益は確保する
④人生保障なんてあるもんかという姿勢
⑤行政なんて黙ってりゃいい!
⑥努力、研究、その繰り返しがすべて
 観光業だって、努力してないだけだ
⑦佐渡汽船の独占が佐渡をダメにした(新潟県の天下り先)
 

そうかどうりで、波止場でのアイスミルクが高いわけである笑。

規模縮小という理屈か、佐渡と新潟をつなぐフェリーが一社にな
った過去がある。実情は苦しい理由があったのかもしれないが、
競争原理を失い、新潟県の天下り先となったという。サービスも
悪いという。元出納長が経営し、赤字の巣窟となったともいう。

佐渡汽船の多くの子会社。そして、多くの箱を作った。予算消化
という視点でホテルを運営する。予算なんてあるものではない。
民間の投資とはそういうものではない!と力説された。公営施
設の現実もまたこの地域でまざまざと知らされた。

T社の社長の話を書いたが、それ以外にヒアリングさせ
ていただいた二人の社長(会長)もまた似た考えぬしである。
「佐渡だとか離島だとかいうんじゃないよ。」そんな社長も、
「佐渡は裕福さ、息子に車上げるから戻ってこいなんていって
も、仕事意欲はないさなぁ。まぁのんびりして暮らすのも生き
方でいいんじゃないの」この社長、これだけアグレッシブであ
っても、日本人として忘れちゃならんだ!といい「田んぼ」は
続けている。


今回の佐渡。行政、商工会、民間企業 
さまざまな方のさまざまな視点で話を聞けて、やや、客観的な
佐渡像が私の中にも出来上がった。市長への意見も人によって
違う。今後を考えた。

佐渡は1度もいかないバカがいる
     2度いくバカもいるとはいったものだが・・・。



スポンサーサイト
編集 / 2005.08.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ