【感じる吉野杉伐採ツアー】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
リーン、リリーン、リリーン!!

うぅ!!「カシャ」

スー、スー・・zzz。


ピクっ、パ、ガバっ!!


うわ、寝坊だ。
間に合うか!?

急げ、急げ。
シャっとパっと着替えて、
ばしゃばしゃ~っと顔を荒い
バタン、カチャ、シュ~っと家を出た。

さぁ~っと 涼しい風に心地よさを感じながら、
びゃ~っと 頭の中はやることイッパイだが、
うぉ~っと 急がなければ遅刻してしまうから

スタスタ、
バンバン、
ドシドシと駅まで走る

ふぅ、乗れた。

近鉄列車。
ふむ、ふむ、ほぉ、へぇ、
読書集中


「まもなく~、大和八木!」
車掌さん。

おっと降り忘れると
次は名古屋。そりゃ危険。

ふぅ、ふぅ、セイフ!


待ってくれたIホームのOさん。
ほんわかぁ~っとした会話で癒される

すか~っと、
スワ~っと、車は町の駅を出た。
ゆたゆた、まったり、のんびりと
車は町から山へと駆け抜ける。

ひとつ山を越え
ふたつ山を越え
トンネルを走って
みっつ山を越え

す~ハ~、す~ハ~っ
と窓を開けて大きく息を吸い込むと、
マイナスイオンを浴びながらも、
寝不足の頭がクリアになる


ブ~ン、キュ~~~、ひゅ~、バタン
到着。

お~っし!
背伸びする。


ザ、ザッ、ザッ ザッ 山を登る
急坂だ
よいっしょ、よいっしょ、と斜面を登る

見上げた。
おぉぉーーー!!!
デカイ!でかい!これはすごい!!
120年以上の吉野杉。

し~、しっ、静かに。


神聖なる儀式が行われている。
「お魚」「お塩」「地元の野菜」
祈祷をささげる林業家。

120年の歴史を振り返る。


カンカンカーン!!
杭を打った。
シャっと縄を上げた
キュっとつなげた。

そして、
スパッ、ザっ、キュィーン
キー!!!キー、ギー!!!
チェーンソーが入った。


「どこに倒すかを決めた上で、
見上げただけで木の重心をよんで、
どう切るかを考えるんですよ。」


へぇ~、そうなんだぁ。
器用な技、山守の勘に感激。


「・・・!・・・!・・・!」
ん?何か叫んでいる!

耳を傾けた。
「芯がやや腐ってる!」
「どこに倒れるかわからん!」
「そこの人危ないからどいて」


緊張と沈黙が走る。


しゅ~~キー、キュィーン。。。

終わった。

みな
まだ静観している。
木もまた静観して動かない。


ベキッ、ベキッ・・・バキ、バキ、
       
段々傾く。

 ボキ、ボキボキボキ!!!

ヒュ~~~!!ザザザっドッシン!!ドッシン!
やわらかいばねのように二度ほどたわむ吉野杉。


切り口はみずみずしい。
赤くて茶色っぽい色をしている。
3~5分位すると、酸化して真っ黒になる。

その後、
ベチョっとした切り口に、人々が集まる。100人。
順番、順番、切り口には子ども3人乗ってピースして

「ハイチーズ、カシャ」

「くっちゃいよ~、臭っちゃい」
と言う子どももあり。


その後、林業資料館、木材加工所 とゆく。

資料館で施主さんと語った。

「大手ハウスメーカーでは、ピンとこなかったけど
 ここの家はピンときたんですよ!!」。


山側と工務店の連携
感じられたかわからぬが
このツアーは林業を勉強できるという点でも、
お子さんも意外と喜んでいるという点でも、
施主さんと工務店と山側とが仲良くなれる点でも
とにかく、かなりハイグレードツアーである


飽きないように
山側の魅力を伝え
神聖なる林業の世界も忘れずに
商いをしていければと思う。


スポンサーサイト
編集 / 2005.07.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ