◆300年級 檜の伐採 吊し切り 現場より◆
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
◆300年級 檜の伐採 吊し切り 現場より◆
            撮影:トビムシ 高野山事務所 浜渦


吊し切り、あるいは吊り切りとは、
立木が大きすぎて、そのまま伐採すると、周辺の建物を壊したりしてしまうため、
人が木に登り、吊るされたまま上から伐採していく手法で、
ほぼ真下に、分断された木が採れます。

特殊な技術であり
とても危険で、産地によっては極めて珍しいものであり、
今回、日本でも数少ない部類の檜のこの「吊し切り」伐採を、
トビムシとして見学させて頂きました。






IMGP0632.jpg
□1□ 立木の状態。




IMGP0659.jpg
□2□ ロープをかけて、枝を打って「裸」の状態。
    (地上30m近いところで、伐採士は命綱一本で吊るされ、チェーンソーも持っている)




IMGP0669.jpg
□3□ 頂点から上(約10m)のところに設定し、空中でチェーンソーにて伐採している状態。




IMGP0694.jpg
□4□ こちらは2回目の伐採。先ほどの位置から、約7mの場所で設定して、2回目の伐採。




IMGP0703.jpg
□5□ 原木(丸太)が重力まかせてドスン!と地面が「猪の穴」のようになった状態。
    (メモノートのサイズと比較してください)




IMGP0757.jpg
□6□ まだそれでも20m以上の立木




IMGP0739.jpg
□7□ ようやく、伐採士も地面に降りて、一般的な伐採方法で、元玉(一番玉)を伐採する。




IMGP0786.jpg
□8□ 檜の香りが漂う。美しい木目も確認。




IMGP0788.jpg
□9□ 真ん中の「芯」の部分で350年以上眠っていた「へその緒?」
    トビムシ高野山事務所に持ち帰りました。


この大きな木は、 何年も乾燥され、
  新しい命(歴史的な建築物)として使われていきます。


  木を植えて、管理し、使っていく。

  長寿の木材は、
  二酸化炭素を吸収する機能は極めて低下し、
  また芯が腐り、かえって木材利用ができにくくなります。

  植えて、育てて、使う

  そのスパンを地球規模で、文化歴史の軸で考えていく。
 
  その場に居させて頂けるだけで
  大変「有難い」ことです。





スポンサーサイト
編集 / 2010.03.12 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ