【言葉の気持ち】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【言葉の気持ち】


・高野山真言宗は、本山が金剛峯寺であるが、全国には3200の
末寺がある。

・高野町は人口4000人。そのうち半分は「高野山(字)」に暮らす
が、半分は17の周辺集落からなる。


この2文はNGワードあり。


本日は、午前中に高野町役場で打合せ。過疎集落の安心安定
構想プロジェクト。移動して5時間、高野霊木之家の神奈川
県の現場へ。


山林部長と、お施主様、地域の住職様(高野山真言宗のご寺院)
と顔合わせ。PRシートも映える。



「周辺」集落とか「末」寺とか
        当然に、あらゆるところで使う言葉ではない。


客観的な言葉。

言葉の気持ち。


故に大切に選ぶこと。


紹介される人への気遣い

「お名刺交換してもよろしいですか?」

本人の前ではなく、まず紹介してくれた人へ尋ねる。

どんな場でも。ひとつひとつの素行が見られている。


本日の新しい出逢い。繋がりは自発的だが、それは必然に。


「試される」って
嬉しいようで、辛いようで、
一挙手一頭足見られている。

時間がない!

しかし、この時こそ自分が「試されている」。
本日も感謝です。





スポンサーサイト
編集 / 2010.03.10 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ