【新相模原市の メッセージ】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
私が暮らす(といっても、月に数日しかいないが)
町田市のお隣、相模原市。

4月から政令指定都市になり、
2月2日に日経新聞社とシンポジムを都内で行う。
相模原に住む友人が、相模原市が
緑区・中央区・南区と3つになり、
津久井や相模湖などの名前が消えることをしらなかった。

このたび、森林ビジョン策定のお仕事で
相模原市庁舎へゆき、環境経済局長とお会いした。

こんな
素敵な局長(副市長の直下で6人ほどしかいない「局」の長)
とは、これから先の「相模原市のまちづくり」について
幅広く、熱く討議&素敵な談義をした。

4000人強を超える
職員の末端まで有名な名物局長らしいが、
本当に実績も含め、行政センス、ビジネスセンスが抜群でおられた。

近々、ハイボール談義でもしたいねと。


RIMG9562.jpg
ブランディングに、ポスターが多く露出。
それは・・


RIMG9565.jpg
見晴らしがいい都市 -サガミハラ


RIMG9563.jpg
合併して、森林率が5%から約60%に一気に増えたのは
これを、見てもよくわかるだろう。

旧相模原市と森林地域との関係性の再構築が
今後の森林ビジョン策定には大切なポイントとなる。

この日は
その後、津久井経済課へ移動し
津久井産材利活用の意見交換会へ。

素敵な素材業者様、製材業者様、大工・工務店様を集めての意見交換会。
前向きな意見が多く、少し私も熱くなってしまった。
地元だからかな・・・。

今後とも宜しくお願い申し上げます。



おまけ・・・
RIMG9575.jpg

RIMG9574.jpg

RIMG9570.jpg


スポンサーサイト
編集 / 2010.01.22 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ