【高野山ハイブリッドバス】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
こんな高野山の一日 PHOTO

高野山は南海電鉄で。

RIMG7800.jpg

極楽橋駅から高野山駅へとケーブルカーに乗る際は、前よりも後ろで、
高野山駅でケーブルカーを降りたら「エレベーター」を利用する。

上がった先のコンコースは「うわぁ素敵!」と観光客が声をうならす。
香りもデザインも眺望もいい。

なぜなら


RIMG7802.jpg
高野霊木(高野杉)を利用しているから。


RIMG7957.jpg
霧深い一日での金剛峯寺


RIMG7959.jpg
霊験あらたかな気持ちになれる


RIMG7963.jpg
山林部の課員さんのお気に入りの、高野霊木(檜と槇)の輪切り「枝」
これをどうやって、付加価値をつけてご提供するかただいま思案中。
エコ利用。


エコといえば、

さすが、環境宗教都市。
高野山タクシーには、プリウスが5台も。
最近では、高野山バス(南海電鉄)には、ハイブリッドバス1台、導入された。

RIMG7855.jpg
もっと、自治体として、本山として、南海電鉄として、高野山タクシーとして、
PRしてもいいのにと思う。バスはとくに、この1台に乗れるとうれしい。


RIMG7978.jpg
ハイブリッドこうやくんバス。本日、運よく乗れた。


驚いた。

RIMG7976.jpg
電光掲示板

RIMG7973.jpg
ここの高野山の四季折々の案内もセンスがある。



RIMG7994.jpg
難波に降りれば、難波駅(南海電鉄)も高野山のPRに力を入れている。
この柱は、かなり超大作のPR。

徐々に環境意識、デザインセンスが高まる中、
我々も高野山の新しい世界観を伝えてゆきたい。


スポンサーサイト
編集 / 2009.12.11 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ