【平成22年2月に八女市に合併し、なくなる、福岡県星野村にて講演】
カテゴリ: 理念と利益
久しぶりの飛行機。

子供心に美しい空、丸い地球、上海と福岡は、日本のパイロッ
トが操縦を嫌う都市部密集地。ゆえに福岡空港、利便性が高い。
東京都町田の人が、羽田空港に行くのよりも早い時間&車で
楽につく福岡県八女郡星野村。

「ばってん、らくに韓国にいけるとです」

そんな、福岡空港に迎えに来てくださった八女郡星の村役場
職員とは、道中ずっと、地域ならではの裏話に盛り上がり、
空港から1時間20分、話題が耐えなかった。


・黒木瞳は、ここ八女郡黒木町出身だが、
 木の読み、くろ「き」瞳だが、町はくろ「ぎ」町だ。

・地元のイベントに出たり、黒木(八女郡)を応援してくれ
 よく写真を使ったりと地元の活性化に積極的だ

・道中、御茶屋さんが多く、さすがお茶の名山地
 といえども厳しい経営状況と中国のお茶が競合している現実

・八女茶のなかでも星野村産、星野の玉露茶は
 「4年連続農林水産大臣賞受賞」

・玉露茶のつくりかた

・自民党の大先生、古賀誠の聖地。福岡7区。
 道路、道路に、旗を持った選挙応援舞台がいたが
 (こんなの初めて、危機感あるのでは?) 
 →相手は、元八女市長、古賀誠の秘書、野田氏 民主党
 【民主圧勝のなか古賀氏は当選。野田氏も比例で当選。8月31日加筆】

・来年2月に八女市と合併する星野村の村政


(その他、ここには掛けない裏話も沢山頂いた)


さて講演依頼の連絡があったのは約3ヶ月前。

てっきり星野村と聞いたとき、私は、学生時代地域づくりインターンで
お世話になっていた熊本県小国町の江藤館長が、現在、副村長を
されているのを知っていた私。すぐに電話をした。

「江藤さんが、担当課にいって、僕を呼んだんですか?」
「いや、知らんよ!?」

偶然だった。

講演前日の懇親会では、星野副村長が「なんで係長、古川くんを講
師に選んだ?」と聞くと、係長いわく 「いや、林材業サミットのダイレ
クトメールが来ましてね。普通ならポイって捨てるところ、この八女林
業振興研修大会の担当になったもんだから ん?まてよ?これはい
いのでは?とよくDMを読んだら、古川さんに来て欲しいと思って」

必要必然の出逢いに感謝である。
 
本日、学生の地域づくりインターンのころから
お世話になっているゆえに緊張した。

県知事、市町村村長、議会議員、4市町村、4森林組合
筑後地区林業推進協議会、福岡県林業改良普及協会、
など200名ほどが会場に集まった。

・理念と利益
・好きと憤り
・必要性、欲求性、物語性
・顧客志向(自社、顧客、競合を意識して)
・他地域の事例
・西粟倉村の事例

をお話させていただき、
後日からできる7つのことを最後にお話させていただきました。

そのうちのひとつに
「トビムシのホームページ、ブログを見る」
「トビムシ通信」に申し込む等

というのをお伝えしたところ、さっそくにご連絡があった
村議会議員さんがいらっしゃいました。

こういう反応が一番に嬉しいです。

山口議員のブログもご紹介します。
http://ichibanboshi.h-yamaguchi.com/?day=20090827

http://www.h-yamaguchi.com/


正直申し上げて・・・・。

私が「情熱=好き×憤り」「理念なき利益は犯罪、利益なき理
念は寝言という話をした最初にした後です。

皆様、挙手をお願いいたします。

「林業が好き、木が好きな方!」
「・・・・・・」

「森林もつ多面的機能、理念に想いがあり、
  誰にも負けないで森林林業のよさを伝えられる方!」
「・・・・・・」

「いや環境のため、地球のためなんていいから、
 とにかく、木を儲けること、利益が一番だと、
 儲けることに必死だという方!」
「・・・」


私は、講演のこの質問を最初にすることで会場の中で、どの
ような想い(軸)、ベクトルを持っている人が多いかによっ
てその先の話をあわせることにしているのですが
ちょっと反応がなったのです(涙)。

私の話し方(伝え方)が下手だったのですが、
本当にこうやってご連絡&報告いただけることが
本当に嬉しいです。


講演というのは1対多数になるので、色々な御幣もあるし、
結局深いところの接点が作れないのですが、こうやって
ご連絡いただけるだけで幸いです。

副村長ともども、担当課の皆様、本当にお世話になりました。
ありががとうございます、今後とも宜しくお願い申し上げます。

やはり、講演→その後に懇親会という順番がいいですね。

なお、八女地域の皆様、
お聞き苦しい点や伝わりにくかった部分があったかもしれませんが、
ご質問ございましたら、ご遠慮なくご連絡&ご相談ください。

・長期施業委託
・森林認証制度
・共有の森ファンド
・木材のマーケティング、営業

なんでもかまいませんので、お待ち申し上げます。
むろんこの件は、
あくまでこの8月27日に星野村で講演を聴かれた方のみに
ご対応したいと思いますが、せっかくの出会いに感謝して。

今後ともご指導ご鞭撻宜しくお願い申し上げます。

【写真集】
RIMG5887.jpg
■地球の青さと丸さ、その下で何が起こっているのか。

RIMG5894.jpg
■わが国最古の歴史書「日本書紀」に“この地に女神あり、
 その名を八女津媛といい、常に山中にあり”という一節があり、これが八女という地名の由来(らしい)。

RIMG5899.jpg
■ホタルと石橋のまち 八女市上陽町
 4つの石橋。アーチが4→3→2→1と少なくなっていく。

RIMG5904.jpg
■しっかりと植林されている
(皆伐後というより、台風の被害の後の最近の植林がこの地域は多い。
山を諦めない)


RIMG6042.jpg
■これ1本、1本、手で植えた杉。まだまだ樹齢、30年くらいか
 かつては電柱(杉)の産業で栄えた。

RIMG6024.jpg
■星野村の中心地区

RIMG6034.jpg
■色々な緑。
下から、雑草→玉露茶→煎茶→雑木林→棚田→竹林→人工林(杉と桧)


RIMG6041.jpg
■棚田百選にも選ばれている@星野村

RIMG5998.jpg
■池の山荘 星野村 星の温泉館 きらら

RIMG5967.jpg
■素敵な温泉(露天風呂)

RIMG5964.jpg
■お茶!

RIMG6005.jpg
■講演にて。(東京都庁と八女地域の景色)を出して日常と非日常の話をしているところです。

RIMG6006.jpg
■講演にて。(選挙前もあってか)議員さんなども来賓で沢山。

RIMG6022.jpg
■ここです!
Yさん、福岡空港から、うきは市へと二日間、お車ありがとうございました。

RIMG6021.jpg
■星がキレイでした。




スポンサーサイト
編集 / 2009.08.27 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ