【林材業マーケティング経営研究会(林業ビジネススクール)のメリット!】
カテゴリ: マーケティング/営業
本日(8月21日)、第三回マーケティング経営研究会
(林材業ビジネススクール)が開催されました。

小林ブログ ←はこちら。


私からは、個別案件のコンサル&プロデュースよりも、
研究会(スクール形式)がなぜいいかについて書きたいと思います。

それは、たとえば、
家庭教師よりも、塾や予備校がいいところは何かというのに似ています。

それが「参加者同士の競争・鼓舞」というメリットです。


今回で3回目、
ようやく経営研究会が乗り出してきたように思います。




やはりシャイな参加者が多いのでしょうか。

回を重ねて、それぞれに個性がでてきて、質問や意見が出て、
情報提供もどんどん増えてきています。

また懇親会のほうがドンドンと突っ込んだ質問が出てきたりで、
「やはり、懇親会が一番ですね!」
という感想メールを、毎度、毎度に参加者(会員様)から頂いております。


RIMG5850.jpg
■研究会の雰囲気 
 参加者でノートパソコンをご持参している方は
 大阪の会場まで車で3時間以上かけて、
 とある山村地域(製材・加工・木材販売業)から来てくださってます。


参加者は、山林所有者、製材業者、森林組合長(物流組合理事長)、
土木資材製造販売業、地域商社、木材販売業、など業種業界は、
細かく言えば異なりながら、同じ理念の人たちが集まっています。


「ヤフーオークションで山林を買った」

というまったくの異業界の方もこのたび参加。
その中で、嬉しい効果がありました。


参加者の挨拶より
>>>
前回から学んだ、森林多面的機能70兆円を施主さんに説
明し、市場規模からの解釈と、実際の利益とhaあたりの
資産(利益)価値を話し、木材製材プロセスを説明したところ、
施主さんの姿勢がガラッと変わっりました。
>>>

と、研究会で学んだ事例を、営業に使用できたと
報告をしていただきました。


まだマーケティングというのが何かよくわからない。自分の
事業にひとつもピンとこないのだが・・・。

という方もいらっしゃるなか、

私が、

1マーケティングとは定義が存在しない。
2あくまでも、フレーム提示で自分の具体的な業務と照らし合わせて
3利用できるところから、どんどん真似していってほしい

などと、私がお話をしていると、懇親会で、
隣の隣に座っていた参加者の方が

「××さん。今日の話とか、
 すべてが当てはまるとかじゃなくて、
 事業のひとつひとつが整理できたり、
 あ、うちだったら、これのあれが、ここにあたるな
 とかって理解してくんですよ!

 必ず、自分の事業にピンと来るところありますよ!!

 たとえば・・」


と受講者さんが我々の変わりに、
受講者同士で背中を押してくださったりもしてくれています。

メンバー同士、積極的に、質問をし、貪欲に情報収集されて
います。また、現在では、メンバー同士の取引なども一部で
は行われてきて、実利的なよき相関も生まれております。

また、
午前中は某社の個別コンサルを会議室にて行っておりましたが、

「これは経営研究会ではお話できない内容ですから、
   月次コンサルの中で、色々と紐解いてくださいね」

と社長から言われ、あくまでも1対1の対応と、研究会と、
両方をうまく使い分けてくださっております。

こういった場にて、
      個々の情報力、実践力、経営力をつけること。

それが日本の森林・林業・木材業界の再生に繋がると
信じて、お互いに、レベルを高くしていきたいと思います。

皆様、
ご指導ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。

(&参加者の皆様、ドンドンと盛り上げていきましょう)



RIMG5855.jpg

■懇親会の雰囲気
 やはりここが一番、利益に繋がる具体的な話も出てくる!


次回は、9月25日(金)です。
初回無料参加(限定5名さま)は毎月行っておりますので
是非、お気軽にお申し込みください。

【無料体験受講 随時受付中!ご希望の方はinfo@tobimushi.co.jpまで】




~おまけ~
その後、私がちょっと発見した大阪のカフェバー。
杉とか木の使い方、素敵です。
RIMG5866.jpg






スポンサーサイト
編集 / 2009.08.21 / コメント: 1 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ