【下刈りdeダイエット@天竜】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
今日は、天竜杉・天竜檜の植林から製材、そして販売までを
一貫して行う、「天竜の杉檜と生きる」株式会社フジイチ主催
下草刈りツアーを行いました。(私は支援側&参加側両方で)

・植林ツアー
・下刈ツアー
・伐採ツアー

と3つ。

季節に応じて行っていますが、もっともマニアックなのが、
この下刈ツアー。去年は5名ほどしか集まらなかったのですが、
今年は、なんと25名も集まりました。

0.5haちょい欠けるほどの面積で、檜の植林後3年目の場所。

人の背丈ほどに育った檜を大切に育てていくために、
人の背丈ほどになった草を刈っていきます。

今回も、
植林ツアー同様に
山林所有者さんのご挨拶から始まりました。

(ご年配のかたですが、これがまた素敵な夫婦さんで・・・)

山への想い、そして檜への愛着が伝わる。
これから下草を刈る我々に緊張感&責任感の必要性が伝わってきました。

さていざ下草刈り。
下草刈機ではなく、あえて「カマ」で行うから、その苦労がわかる。

また時折に植物の話などをしてくれるから参加者も、
ちょいとつらいに加え、&たのしい&おもしろい が体験できたことと思います。

近くに清流である小川が流れていて、
ペットボトルもひんやり冷えて弁当も美味でした。

この、
背丈ほどの下草を
切り倒していく達成感そのものも快感ですが、
ジャングルから振り返れば、端正に並んだ檜林になっていきますので
下草を刈り上げたあとの檜がスラっと立ち並ぶ姿をみる
爽快感はたまらないものです。

もちろん普段のプロはもっともっと
量と面積が違いますが、それがわかるだけ、伝えるだけでも
意味があると信じています。

「いや~
今回始めて参加しました。
ぼくは浜松の町の中ですが、
こんな素敵な場所があるとは知らなかったです。

ダイエットもできて、
鳥の声、植物にも触れ合って、
多少カブれて笑

なによりも爽快だしダイエットにもなるし!
これでひんやりと
天竜茶が飲めたら最高!!

1000円なんて安い!
もっとお金払ってもいい!」


って普通お金をもらう仕事ですが・・・・

ちなみに私も当日1~2キロは痩せたか。
意外と植林よりも達成感がある。

植えたら植えたで地球に優しいなんてのはない。
下刈などの管理を通し、
持続可能な森づくり、林業を通して伝われば幸いです。

人口82万人の浜松市全世帯へ配布された広報誌に
若手山林部のフジイチ社員が掲載された。
こちらも、ご覧ください。

http://fujiichi.hamazo.tv/e1748370.html
→フジイチブログへ。




090704a
◆下刈カマ(ナタ型カマ)


090704c
◆檜より高い下草と戦う。 おっと檜を刈っちゃいかんですよ。

090704d
◆みんなで汗をかく、景色も爽快だ。

090704b
◆鳥の巣も発見

090704e
◆フジイチ社員による「せんぶり」の紹介

090704g
◆休憩時間、子供は川で遊ぶ

090704h
◆全員集合!達成感いっぱい!
 後ろに1本1本、檜が顔を出して、整然と並んでいるのがわかる。


この檜がある程度大きくなるまで
下草刈りを続け、そして10年、20年たち間引きをし、
50年60年でようやく1本の柱ができるくらいになるのです。

その時間の流れと苦労をまず少なくとも伝え、
最終ユーザーにとって美しい住空間になっていく努力も
両輪が大切ですね。


スポンサーサイト
編集 / 2009.07.04 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ