スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【環境問題はなぜウソがまかりとおるか@浜松】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【環境問題はなぜウソがまかりとおるか@浜松】


また素敵な「変人」様に出会った。

NHKプロフェッショナル地域再生のプロ木村氏との出会いが数日
前だったのに、まさか今日もこんな著名な方に出会え、しかも
一緒にお酒を飲めるとは!


「リサイクルなんてするな!」

著:環境問題はなぜウソがまかりとおるか の

あの人。
武田邦彦 教授。

本日、浜松市と打合せがあり、
1時間以上、喧々諤々と「事業」としてあるべく姿と、
木材流通の理想的いや現実的方向性の討議&確認をしていたの
だが、すると、せわしなく電話をしているある職員さんが、
私たちに急に声をかけた。


「あの~」

「はい」

「いまですね、
静岡県の廃棄物協会でご講演をしてきた
武田邦彦先生が、浜松のどこどこで、
コンサルさんと2人で飲んでるんです。

みなさまも行きますか?」


「え・・・?!」

ということで、一同キョトンとしてしまったが、もちろん皆
イエス。そして市役所職員、ほか関係者そちらへと。

偶然も偶然
必然も必然

駅中のビルのお店に入れば「あ、ほんとだ、あのテレビの先生
だ笑」とかなりミーハーな自分であったが、浜松市職員と先生
との関係があってこその機会に感謝。気軽に挨拶に応じてくだ
さって少しでもお話ができれば程度に思っていたが、「まぁま
ぁ一緒に飲みましょうよ」っとご一緒させていただいた。



「いや~、今日の講演、
お客さんはよく勉強するねぇ。」

と反省会からはじまって、先生の著書の話に入れば、さて
始まりました。

武田邦彦
   環境問題はなぜウソがまかりとおるか @浜松!!


のご講義、居酒屋談義。とにかくずっとずっと、私は聞くだけ
で腹を抱えて笑った。やしきたかじんのテレビじゃないが、
まさに生放送ライブっという感覚。

本のとおり、テレビのとおりの過激かつユニークそして真
実&真正面なトークに、笑いが終始とまらなかった。話の
頭には必ず「林業の専門家じゃないから間違ってるかもし
れないけどね」とか「間違ってたら、言ってほしいけど」
というやさしいお姿勢が毎度ありながら、さまざまな方面で
よく知ってらっしゃるなぁという深い知識。そして、また
ポンポンとでてくる世間への揶揄とフレーズ力。また折に
見せるチャーミングさ。

ここにはかけないこともたくさん教わった。

・謙虚
・元気
・チャーミングさ


そして先生との時間は2時間くらいだったか、嵐のよう
に帰って行かれた。

帰った後、その親しくしているコンサルさんがこういった。


「先生が凄いのはね、50万部以上も売れて、
 お金はあるのに本当に生活が質素でね、
 色々と寄付もされてる。
 だからみんなついてくるんです。」


跡で廃棄物業界に詳しい方から聞いた。「あの人は
実は何度か会ってるんだけど、ほんっとに10年も前から
行ってることが変わってない。それが凄い」


倒産したあの富士ハウス社屋の看板が見える浜松駅前のビルにて、
また大いなる刺激を受けた。

090605武田先生と


~武田先生、名言集(業界応援集)~

・CO2とか、森林の全体価値が1万円なら100円の価値ですよ。
・すべてをCO2で説明するなんて自分をさげちゃいかん!
・CO2に魂を売るな。
・正々堂々と木材を売る、日本の3分の2が森なんだから
 森を使わなきゃいかん!
・森にロマンを!
・アマゾンの森もわかるけど、
 あなたの日本の身の回りの森を守りなさい。
・真正面から戦わなきゃ
・林業の人は回り道する必要ない、
 木は切っていいとか悪いとかじゃなく
 事業をまっすぐ説明すれば消費者はついてくる
・個人の所有者ってのがあっても、
 俺が俺がでなくまとまって管理していくような
 公共性がなくては森林・林業はだめです。
・僕の場合は、旗を掲げるんです、
  ある意味問題提起を大きくする。
 そうじゃなければ議論の土台にすら着かない
 だから、私はあぁいう言い方をしている
 振り向かせるため
 それで初めてリサイクルをちゃんと勉強しようという人が増えたらいい
 森林・林業もそうでしょう。

・ある行政職員の話
「先生、山に廃棄物やゴミが捨てられてるですよ」という。
すると
「そんな山自体が使われず、見捨てられてるってことは、
山自体が廃棄物じゃないか、そうさせてるのは
 あなたではないの?」と役所の人に言ったという。


(注釈)
このブログは公式の場ではありません。
私の解釈としてご理解いただき、
武田先生の言葉でありますが、
正式ではない点をご理解いただきたく存じあげます。

森林林業木材業の皆様の
本質的経営に勇気を与えてくれたということに、
こちらに書かせていただきました。 
ありがとうございました!

スポンサーサイト
編集 / 2009.06.05 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。