【モミの木とチェンバロ】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
090819
◆もみの木と「看板」

素敵な風景の中に溶け込む音楽ホール。
その庭園には、アートモニュメントと水場、
芝生に木々が立ち並んでいます。

そこに、モミの木を発見しました。
そのそばに小さな看板があり、


「チェンバロに不可欠な材」

と大きく書いてあり、音楽の歴史と楽器の説明がありました。
残念ながら読みにくくなっていたのが気になりますが、
こういった演出で、
音楽とヨーロッパの森と木々と楽器を繋いでくれています。

春の陽気もありましたが、何か心が温かくなりました。
さて、どこのホールでしょう?

ピアノ、バイオリン、ギター、クラリネット、と楽器には木が
たくさん使われています。民俗楽器アルペンホルンなど
が、かつて、新月伐採のテーマで宇宙船地球号のテレビ
でやってましたが、今度また、楽器と木々とその森なんて
のもまとめてみたいですね。

090419b
        


追伸
 本日、4月19日(日)、朝日新聞の社説に
 西粟倉村の挑戦が取り上げられました!
 
http://www.asahi.com/paper/editorial20090419.html
 (朝日新聞) 【林業再生 小さな挑戦の大きな意味】 

その横の記事も、植林、生物多様性、
サイザル麻、シファカ(動物)など興味深い記事でした。

スポンサーサイト
編集 / 2009.04.19 / コメント: 3 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ