【エチカの鏡】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
NHKプロフェッショナル、テレビ東京カンブリア宮殿、そして、
今日は、フジテレビ、タモリの「エチカの鏡」とまぁ「林業」
が最近よくよくテレビに出る。

先々週の雑誌SPAにも森林崩壊など、企業の森がらみも
含め森林・林業が極めて注目されているのがよくわかる。

注目のされ方は多様で
 1地球環境の視点
 2雇用の確保の点
 3新しい生き方(Iターン)の視点

その他、二酸化炭素の視点、木材そのものの産業として視点
(ここはまだまだ弱いかな)など色々とあるが、注目される
ことはありがたいことです。

何年か前には、「この仕事が、注目される業界でありたい」
と僕のクライアントのとある社員がいっていましたが、家庭
の事情で転職されたもの「おぉい、もう少し踏ん張れば、今
こそ踏ん張れば・・・」と呼び戻したいです。(いつでも、戻っ
てきてください、Kさん笑。)

今日はエチカの鏡。シングルマザーという「生き方」という
視点からの「林業」を取りあげられていた。

林業という仕事
「その1みちづくり」
「その2木を倒す(間引く)」
「その3倒した木を丸太にする」

などとわかりやすい説明を加えながら、登場した川越幸美
さん(43)という二児の母の生き方(エチカ)が紹介されて
いた。


「筋肉がつきました、半袖はきれません笑」

詳細は省きますが、家庭での苦しみ、そして子どもへの
愛や、自分の仕事、そして林業との出会い、その生き方。

「自分がやったというのがわかる仕事ですから」
とか
「出来高制だから、力がつけば月80万円もありえる」
とか
「子どもを育てるのと木を育てるのは似てるんです」
とか、

何よりも映像からイキイキしている姿がわかるのが
こちらにも嬉しく、エチカのテーマである「いつもブルー
マンデーのあなたへ、明日から一週間頑張ろうという
気持ちにさせてくれる番組」というのが、林業を通して
よく伝わったことだろう。

もちろん、国内林業が全てそのような出来高制がある
わけではないが、あくまでも素晴らしい前向きな地域
から、こうやって情報を発信し、そして彼女が管理され
た森の木を使ってみたいという人も増えていくことで、
循環型の美しい日本を「宮崎(都城)」から発信できる
といいですね。

今までは森林林業の「周り」に着眼してくれたが、入口は、
なんでも、とにかく中身は、そろそろ「直球」で林業を伝
えてもよいという時期なったのでしょうか。

現実も理想も見せたところに次のステージがあるように思
います。なによりも、娘さんが母を尊敬するその姿に家族
愛が垣間見られ、本当に素敵な番組でありました。


スポンサーサイト
編集 / 2009.03.29 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ