スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【高野町「森林セラピー」】

まだ諸事整理できておらず正式な発表はできてないのですが、
株式会社トビムシに、高野山事務所を設立し、高野町森林・
林業に関する支援を行うことになりました。(こちらには、私
が入ることになりますが、他2名程、人員募集中です。)

お大師さま(弘法大師空海)が嵯峨天皇から高野山を賜り、
ここ真言宗の総本山として開かれて、もうすぐ1200年になりま
す。2016年にその1200年の開創法会という大行事に向けて
高野山も千年、二千年の時代を超えたコンセプトを構築中。

高野山の「尊厳護持」というテーマに、環境と宗教の融合。大
いなるテーマのその理論と現実に向き合い、いま文化教養面の
みならず、精神面でも高らかな領域を創造すべくことも必要と
されています。

これは、全てが必要必然。その意味を紐解きながら、この紀伊
半島における、世界遺産の霊場での仕事を全うしていきたいも
のです。真言宗の教えから仏教を知り、精神世界をしり、ただ
いま勉強中ですが、自殺が多くなった世の中へ、何らかの仮
説もここで得られればと「いかせ命」という真言宗の標語にも、
僕らに意味を語られているように思っています。色々な視点
からも、高野町の森林が、何かお役に足ればと考えています。


そしてここは真言密教の道場としてのみでなく、私が着目して
いる視点も多々あります。その一つ、今日は「多様な自然」。


本日、高野町森林セラピーがあり、和歌山県のマチの方々が
参加された。高野山を歴史的側面しか知らぬ方々が、高野山
の森を詳しくする現場のインストラクターの話に魅了されていま
した。


「高野山にこんなところがあったんだ!」

と参加者も喜ぶ。新しき「共利群生」の世界を後世に。それは、
人々の営みの結果が、この高野山を守る人々の残してきた賜物。

090324B
◆フキノトウ

090324C
◆クロッカス

090324A
◆ヤマネコヤナギ

090324D
◆セラピーで深呼吸


このセラピーコースは、他にも素敵な魅力がありますが、
新緑芽生えるころや紅葉のころが最も魅力的となるでしょう。
今度は高野山独特の植物も伝えていけたらと思います。詳しくは、随時、
情報開示が出来次第、徐々にまたお伝えしていきます。


  高野山千年の森
こちらもご覧ください。


スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。