【マーケティングとUSB】

                <法人・業界のかた向け>

私がよく伝えている経営のフレームに「売り物」と「売り方」
というのがある。船井総研時代の大先輩に教わった、あまり
にも脳みそがスカっとする切り口だが、商品力がいいからと
いって営業(利益)に繋がるとは限らない、世の現状を想い
知らされた瞬間でもある。

ところで、「浜崎あゆみ」が何故、売れているのかということも、
マックス松浦氏のプロデュースというのもあるが、競合として
考えられた場合、鈴木あみ、安室奈美恵、の商品力が落ち
たことによるタイミングのよさも含まれていると考察されている。


そして消費の3原則「必要性」「欲求性」「物語性」というの
もあるが、とりあえずは割愛して話を進める。

いまマーケティング発想は林業・木材の世界でいま極めて
大切。今日も異業界の情報交換をHくんと1時間だけの夕飯
にて丸ノ内にて行った。

ちなみに、いつもの3つのフレームで伝えてみたい。

・USB(HACOA)
 http://www.hacoa.com/contents/products/index.html  
記憶媒体(必要性)+デザイン性(欲求性)+木のこだわり(物語性)


・浜崎あゆみの新しいCD(NEXT LEVEL)もUSB

・ロイドフットウェア(靴屋)のこだわり
  履物(必要性)+デザイン(欲求性)+職人こだわり(物語性)


HACOAのUSBは、極めて有名だが、最初に買った時点で
こだわりや使い方のFLASHデータが内臓されている。なお、
無垢の木であるから、呼吸をしており、湿度によってはキャップ
がしまりにくくなることもあるなど、手入れの仕方まで丁寧に
説明している。それが必要性あるパソコンの記憶媒体であり、
あとは4P(商品、価格、販路、広告)的な思考で戦略を構築
すれば、確実に、理念と利益が融合した素晴らしい商材となる。

最近出した浜崎あゆみのCDといっても音楽もいまやデータの時代。
USB付きなのである。あゆの曲付きUSBなのか、USB付きの
あゆの曲なのかわからなくなるが、必要性とのマッチングは、
消費機会を増加させる。


さらに、最後に。ロイドフットウェア(靴屋)の接客は極めて
優しくないと評判がよくないという。「あ、うちはね、履き心地
を求めたらよくないよ、デザインにこだわってるから」だなんて
いうらしいが、そもそも絶対に履くという必要性消費である靴だ
からこそ、こだわり訴求にポイントを絞っても顧客は逃げない。


なんて、酒を飲みながら、語る。
仲間は色々なところにいる、いつもマーケティングは
脱業界発想、色々な事実を知る、ちょっとしたフレームワークをいれてみる。
いやいや、友人と語ることから。

遠くの同業種
近くの異業種   そんな友をもとう。
 
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply