スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジョージナカシマ記念館 オープニングセレモニー】

081114asahishinbun
■朝日新聞記事より引用(写真)

http://mytown.asahi.com/kagawa/news.php?k_id=38000000811150001



ずっと、普通に、東京に暮らしていたら、知らないのだろう。


学生時代に地域づくりインターンに参加して以来、そう思うこ
とばかりに出会ってもまだ足りない。


≪地方・地域こそ「美しい日本」の宝あり≫


高松についてから、今日は、たくさんのお遍路さんに出会った。
讃岐の国に生まれた真言宗の開祖「弘法大師空海」。特に、四
国の真言宗末寺の八十八箇所を巡ることを遍路といい、その巡
礼者をお遍路さんと呼ぶ。

とは知ってはいたものの、普通にその辺をたくさんのお遍路さ
んが歩いているシーンに出会ったのは初めてである。


081114a
■琴電でご夫婦でお遍路さん
 となりのおばちゃんが応援していました

081114b
■84番礼所 屋島寺にて

081114c
■街中の道路で
 後ろの「歯ARTにかじりつき」の看板も気になります


その高松にて、今日、20世紀を代表する日系2世の米国家具
デザイナーである「ジョージナカシマ記念館@桜製作所」のオ
ープニングセレモニーが開催された。


http://www.sakurashop.co.jp/nakashima/
オフィシャルホームページ




国内で唯一ナカシマデザインの施工ライセンスを持つ、その桜
製作所にて、その職人さんたちが笑顔たっぷりに、熟達した技
のひとつひとつを私たちに語って頂いた。この人たちの手の技
があってこそ、このデザインと素材が生きるのである。



また、ナカシマの娘であり、同じく家具デザイナーのミラさん
のご挨拶に涙腺がゆるむものがあった。「お父さんがもし生き
ていたらもっと喜んだでしょう」「米国でもお父さんの伝統的
な作品が、将来の人の居いくのために、そしてここでも伝えら
れていくことが嬉しい」と。


朝日新聞さんは、丁寧に「父」と変換しているが、暖かい家
族愛を感じるこの親子愛に、片言の日本語「お父さん」に私
は深く感銘さえした。

技術だけ、デザインだけでは、世界に広まらない。

その人間的な深みをアメリカニューホープからわざわざやって
こられたミラさんのご挨拶にもみた。息子のケビンさん、そし
てミラさんの旦那様もいらっしゃって、桜製作所の永見会長と
の写真も撮らさせて頂いた。私の宝になりそうだ。


利益の還元先と
自分自身のライフスタイルの調和が見えてきた。



『本日の学び』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・四国村  http://www.shikokumura.or.jp/
      かなりレベルの高い古民家再生の展示施設

・一鶴   http://www.ikkaku.co.jp/honetsukidori.html
      香川の鳥料理といえばココは抑えたい

・bar足袋 http://www.asahibeer.co.jp/enjoy/liquorworld/bar/intro/index18.html
      ここのマスター森本さんは僕と同い年
      これまた本物をつくりたいという探究心とその情熱に感激。
      ファンもすごく多い。

 姉妹店 kafe足袋もオススメ

     (ちなみに東京でもこんなすばらしいお店なかなかありません)
     高松の夜は、ここです。


スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。