【HITACHI×飛騨産業(ジャパンホームショーにて)】



ジャパンホームショーへ。国内外の建材、部材、素材、家具、
インテリア関連の出展で、東京ビックサイトにて行われた。
またまた徳田銘木さんのご配慮もあって、ご案内いただいた。
相変わらず元気な徳田さんでこれまた、ヒトのご紹介もこち
らからさせていただいたが、相変わらずのハイテンション。

不景気なぞどこの風であるか。

また、吉野ならではのヘリコプター集材の動画を流している
徳田さんのブースにヒトは絶えなかった。ビジネスにもつな
がって、色々な広がりがまた展開されそうだった。

国産材関係でもたくさんの地域から出展。北海道のカラ松、
トド松、紀州材の山長商店さん、秋田県から秋田杉、隠岐の
黒松、埼玉西川材、東濃檜中島工務店、などと国産材関係の
出展者がかなり増えていた。


そのなかで一際、目立っていたところを紹介したい。




081113a

HITACHIの薄型テレビWOOOと飛騨産業とのコラボで
ある。最近は、AU×アディダスのみならず、最近大手の異業
種コラボが流行であるが、このような地域の中小企業と大手家
電メーカーとの組み合わせは、補完財という関係性になるのだ
ろう。


補完財  パンとマーガリン、タイヤと車、犬と犬小屋
     (需給に正の相関、補完しあって効用を得る財のこと)

ちなみに

代替財  コーヒーと紅茶、 豚肉と牛肉
     (需給に負の相関、どちらか一方あれば効用を得る財のこと)


と経済学的な言葉を使ってフレームを意識してもらっても、利
益につながるかは別問題。補完でも時流適応をしていなければ
どちらも負に陥る。ついているところと付き合いなさいという
船井幸雄の教えからしてのも、なぜ日立と組んだのかという話
も、飛騨産業の接客の方に教えていただいたが、やはりヒトと
ヒトの出会いから。そして、ライフスタイルの提案までいくと
ころに「なぜ国産杉」にこだわるかを前に前にと出さないその、
デザインやライフスタイル重視の美しき企業体「飛騨産業」は
もはや、よくいわれる中小企業ではないだろう。


いま、飛騨産業は表参道ヒルズにも出店しているが、来年から
は、独自で、他の都内某所へ移転するらしい。

かつてからずっと知っていたが、またまたファンになった。
ありがとうございます。

081113b
(写真撮影許可とブログアップの許可を得ましたので)


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply