【ニーズ(必要性)とウォンツ(欲求性) ~レッツノート~】

081111

New Mobile Leader
このカタチ、このスペックが、ビジネスモバイルを変える。






これみて、どう思いますか?
マーケティングフレームを使って考えて見ましょう。

というほどでもないが・・・。


某駅にレッツノートの新タイプの大きな看板広告があり、僕は
これをみて、思わず笑ってしまった。

確かに圧倒的な「電池の長持ち」「ハードの強度」そして、最
小限のソフトにおさえたスペック力。これはビジネスパーソン
にとっては、とても肝なるニーズをガッツリ押させたノートパ
ソコン(レッツノート)である。エコ的にも消費電量にエコノ
ミーモードなどある。


いつも話しているが、消費は

必要性(ニーズ)
欲求性(ウォンツ)
(+物語性ストーリー)


とあるとすれば、このレッツノートはあきらかに必要性消費に
とどめている。ソフトも余計なものは一切入っていない。ただ
し、極めて高いレベルでの欲求性(ウォンツ)がなければ、や
はり売れないという現実がある。モノからコトとか、基本価値
から付加価値とか、商品の5段階ベネフィットとか、まぁ色々
フレームはあるが、


基本、
必要性と欲求性


そうか、この脚線美。


そこで、笑ったわけです。が、笑わない深い真理があります。


もし、ここに欲求性(ウォンツ)なる部分をとすれば、やはり
この「脚線美」から想像できることは何でしょうか。エロカッ
コイイという言葉は陳腐で使いたくありませんが、どうも僕的
にアンバランスと思っていてもパっと見はレッツノートかっこ
いいじゃんと商品デザインだけじゃなく、利用者イメージを喚
起させるビジネスライフを提供しているわけです。

エロとエコというテーマで講演をして以来、こういうマーケテ
ィングのセンスというかなんというかが気になって仕方がない。

やはり女性に持てる(モテル)という大切な視点を忘れない
のは、かつてレッツノートは、カラフルバージョンもつくって
いたが・・・。やはりここにもマーケティングの基本フレーム
ワークとして「エロとエコ」「必要性、欲求性」。

企業側の戦略と捕らえるか
消費側の思考停止と捕らえるか

どちらでもかまわないが、街中に色々なヒントが転がっている
ことだけは、ここに伝えたかったんです。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply