【ポニョが生まれた鞆の浦(広島県)】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)

今日は、ロケーションジャパン(株式会社 地域活性プランニング) 
http://chiikikassei.co.jp/Lj/
のディレクターにお会いした。

「映画×観光」 

この2つのキーワードから「地域」に物語と利潤を生み出そう
とするならば、日本ではこの会社に聞くといい。色々な話題に
花が咲いた。こんなときに、仕事や趣味を通して、今までの経
験から新たな可能性や企画が生まれていく。

ササっと情報を交換するのみではなく、広がり、つながりへ。
本日もありがとう。


そこで今日そのディレクターから教わった、宮崎駿監督の「ポニョ」
が生まれた場所、鞆(とも)の浦(広島県福山市)の話をちょ
っとだけ。


鞆の浦(広島県)
 美しい町並みが残る港町。 
 江戸時代からの港湾を織り成す5つの施設  
 がまだすべて残っている唯一の港

 ・常夜灯、焚場、雁木、船所、波止場


危機的な世界遺産のリストへとその登録に向けて動いている。

ここは宮崎監督が二ヶ月間滞在して、この映画の構想を練った
場所である。


・ポニョは実在する金魚だった!?
とか
・映画に出てくるスーパーは「TOMO」
とか
・舟ののぼりに地元の神社の名前
とか
・出てくるバスは「トモバス」だとか



ここが舞台というのは明らかではある。しかし、ジブリが公表
しない理由は


1 そもそもココだけという地域で創作していないし
  地域を限定することで
  妄想の世界、現実にない世界に、夢がなくなるから
  

2 明言することで
  観光客がここぞと押し寄せて迷惑をかけるから

http://www.ghibli.jp/40qa/000026.html#more
(参考にジブリのWEBページ)


などが思うが定かではない。地元も、これを期に観光誘致だ!
という派と、いやいや世界遺産として守ろうという派と、どっち
も派と色々。またそのに橋が架かる計画があるが、これもマチの
景観を守る派と推進派でもめている。

しかし、二ヶ月滞在して構想を練るという巨匠の生き様が、
うらやましくもある。


自治体としてロケ誘致したいところ
企画制作側としてロケ地を探しているところ

ここの繋がりと、妄想の世界と、地域の未来に何かが見える。



『以下、参照に』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■世界遺産と鞆の浦
http://www.sawasen.jp/tomonoura/tomonoura/

■宮崎駿と鞆
http://swan.srv7.biz/
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080923/trd0809232055016-n1.htm
http://d.hatena.ne.jp/katamachi/20080924/1222266701

■鞆の問題
http://swan.srv7.biz/tomo15.htm

■ユネスコ下部組織 イコモス
http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000250604100024
http://www.japan-icomos.org/workgroup06/

スポンサーサイト
編集 / 2008.09.30 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ