【栗拾いをして】
カテゴリ: ポエム(詩)

080928a
■朝のひととき

080927c
■その辺の野花で・・・。

080928c
■ヒノキ風呂

080928d
■金色ススキと黄金の稲 風景

080928e
■コスモスが秋を香らせる




日曜日
朝の散歩。

松が美しい森に囲まれて。

マムシ草の話で盛り上がり、
深呼吸をする。

下には栗が落ちている。
山の栗は小粒で甘い。

非日常でも日常でも
毎日の習慣として、何かを宿すこと。

付き合いの幅が広がること。

それが楽しい。
期待を超えた毎日。

ライフスタイルを提案する側であるのであれば
みずからが健康で日本らしき暮らしを実践する。

振り返れば
何かがズレてしまっている。

理想の近くに見本がたくさんいる。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
編集 / 2008.09.28 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ