【鯛と秋刀魚】
カテゴリ: 理念と利益



かつて、東大農学部の背の高いヒマラヤスギが5~6本並んで
おり美しい景観をなしている。その一本が、私の大学院時代に
倒された。

その理由を聞いて驚いた。


手前のイチョウの木が、そのヒマラヤスギに栄養を取られてし
まっているので、ヒマラヤスギを伐採すると。

イチョウとヒマラヤスギ

力勝負でヒマラヤスギが勝ったとしても、
人間の目の前では、弱者なんですね。

われわれの基準では、
学校のシンボルマークであるイチョウがえらいんです。
ごめんなさい、ヒマラヤスギ。

価値基準って誰が決めるんだろう。
そんなことを大学院時代のホームページに書いた。


今日もこんなメールをいただいた。


『本物』を知らないと『偽物』が判らない。
『偽物』しか知らないから、いつも騙されて、
『偽物』しか知らないから、いつも高いものにケチをつける。
『人間』も『本物(人物)』を知らないと騙されるんですよ。



さて、
商品の値打ちって誰が、どの想いでつけるのでしょうかね?


『鯛』 と 『秋刀魚』どちらが高いですか?


大半の方は、『鯛』ってこたえますよね。

でも『鯛』は、『おれは秋刀魚より高いんだぁ』って思っ
ているのでしょうか?『秋刀魚』は『おれは鯛より安いん
だぁ』って思っているのでしょうか?

鯛も秋刀魚も同じ命を精一杯生きているだけ!

人間が勝手に値段をつけているんですよ。色々な理由をつけて。
欲のある人とは『無い物を欲しがるんです』だから値段が高く
とも、金持ちは『¥』出すんです笑。


生態学を勉強していると経済を度外視し、
経済学を勉強していると生態を度外視する。


そんなバランスを思いながら

イチョウとヒマラヤスギ
鯛と秋刀魚

そんなことを思い出した。そろそろキリン秋味がでてきて、
秋刀魚がおいしい季節。マクドナルドも月見バーガー、定
番化してきた季節限定マーケティング商品。

さらに夜だけ限定メニューとして、ダブル月見バーガーと、
更なる限定のうえの限定感の訴求。商売うまいと関心して
る前に、物の価値とは何かな、高いって何だろう、本モノ
って何だろう、ブランディングって何だろうって。

秋刀魚と秋味が僕を呼んでいる。
好きなんだな。
スポンサーサイト
編集 / 2008.09.11 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ