【喧嘩】   
カテゴリ: ポエム(詩)
~相手が大勢のときの戦い方~



「あれは5人だったな、相手は。
 さすがに1対5じゃ喧嘩は勝てないね、
 1人に羽交い絞めにされて、倒れて
           あとはけられてさ・・・」


「それでさ、ボロボロになって家に帰ったらな
 親父がそれを見てね」


「喧嘩したんか?・・・って言われて」


「そのときの親父の教え、今でも覚えてるよ。」


「絶対に最初から負ける戦いをしてもダメだ。
  そんなんどんなに1人が強くても
  相手の人数が多かったら負けるに決まってる。
 負けても気持ちがすっきりする戦いをしなきゃなって。」


「それはね、どうするかっていうと、
 その相手の中で一番強いやつと
         タイマンしろっていう教えでね」


「例えば、たくさんいる相手の中で、
  一番弱いヤツにタイマンで勝っても、もちろん、
  次から次へと上がいるから意味がないだろ?
               負けたらもちろん最低や」

「ただな、一番強いヤツとやって、もし勝ったら、
 相手はみなもう人数多くても、ビビるものさ。」

「それに、負けたら負けたでいい。
 もともと人数的には負け試合なんだし、
        仕方なかったなってすっきりするはずさ。」


「だから、大切なのは、大勢を相手にする場合はな、
  如何に相手のトップと一対一で戦えるか、話せるか。
   そこまでもっていくことが一番大事なんだよ。」


「そう親父にいわれてね、
  もうむやみやたらに大勢に飛び込むことはしなくなったんだ」


「それからね、喧嘩ってな、しちゃいかんよ。」


「ホントに喧嘩するってのはどういうことかわかるか?
 喧嘩した後に残るものってなんだ?
      傷ついたり、ケガしたりするだけだろ?」

「そしたらな、そいつはまた復活する。いろいろな形でね。」


「だったら殺せ、そう僕の兄貴的なダチに言われてね。
 殺せ、喧嘩するなら、殺せって、
  そこまでイヤだ、こいつはアカン、というなら殺せ。」

「殺さないでただ喧嘩をしただけなら、必ず
 そこには残したくないモノやコトが残る。そして
          いずれ、形を変えて這い上がってくる。」


「じゃぁ、殺せるか?そこまでできるか?そういわれた。 」


「できない・・・そう思ったんだ。」


「うん、できないんだよね、相手を打ち負かそうってそいうことだ。
  喧嘩って広い意味で色々あるけど、
   やっぱり殺せないもんな、喧嘩なんてしないほうがいい」

スポンサーサイト
編集 / 2007.12.24 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ