【古いもの、新しいもの】
カテゴリ: マーケティング/営業



古いものは必ず衰退する。
新しいものは頓挫する。


古いことをそのままやっていても、時代の流れについていけず、必ず
埋没してしまう。さりとて、新しいものというのは、ポッと消えてしまうこ
とが多い。やはり、古いものを新しい方法でやるしかないのである。

これは、2050年の住宅ビジョン(三澤千代治 ミサワホーム総合研
究所会長)に書いてある。たとえプレハブ住宅であっても、基本は昔
からの伝統的な日本の住宅の様式をいかに新しい方法でつくるか、
に力点をおくべきだし、日本建築のよさを重い、その日本の古くから
らの文化、伝統を新しい手法で継承していく、これが「日本の住宅」
だと思う。

何も住宅だけではない。単に流行に乗るだけでもなく、単に古いも
のを伝えるだけでもない。この古いものを新しい方法でやるという、
ところにノウハウの集積やナレッジの共有が必要となってくる。

あらゆるものに目を向けて視座を広げたい。
スポンサーサイト
編集 / 2007.12.09 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ