【5時間の講演型研修】

071031
■研修型の講演(広島県三次市にて地域リーダー塾)
じっくりとゆっくりと伝えたいことが伝わったと思いますし、
また「考える時間」を多く用意したので、より深く伝わり消化
できたと思います。ありがとうございました。

【5時間の講演型研修】


研修型の講演だったか、講演型の研修だったかどっちでもいい。

広島駅から在来線に揺られて2時間、到着した。中国地方の「
へそ」にあたる地域。かつての出会いを覚えていて、私に依頼
があった。研修もある程度オリジナルのパターンが確立してき
たので、私自身も、ロジカルなつながり、事例の紹介とうに幅
が出来てきた。


しかし今回は、研修形式の5時間バージョン。

ほとんどの時間が私がしゃべってはいたが、随所に思考タイム
をつくり、そして答えてもらい、対話方式とグループワークを
中心に行った。先方自治体の要望ではあったが、これがなかな
かよかった。


1)考えさせる時間を与える
2)共に作り出す時間を与える
3)時間の余裕が、伝え手と聞き手の余裕を与え
          情報も増えて、理解の深みが増す。


当たり前といえば当たり前だが、じっくりと考える時間と考え
させる時間というのを与えつつ、対話方式で勧めていくことの
大切さを知る。一方的に情報を吹きかけてもいけないんですね。

地域行政でのこういったセミナー、講演も
ひとつ確実にまとまったコンサルティング商品になりました。


ありがとうございました。





スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply