【話すだけで・・・】



四国、某県の某製材業の社長が、大阪本社にいらっしゃて私を
訪ねた。関西への営業ついでに30分でも話がしたいとやって
こられる。年は私とほぼ変らない兄貴肌の経営者。課題は難題
であり、成功の仮説がなかなか見出せない。

この状況を打破したい。全国各地の製材業が思っている。全国
の優良事例を幾ら知っていても、社内環境を精査して仮説を打
ち立ててもだ。しかし、業界がここまで逼迫している中、廃業
するかの選択も考えなければならない。そんな製材業者は多い。
辛い。

以前はまったく違う印刷業界のコンサルをしている同期ととも
に食事をし、新たな見方ができたりもした。あらたな業界カテ
ゴリーを創出する案も当然にある。だが勇気と資金が大いにい
る。なかなか前に進まない。

しかし、今日、

「古川さんと話すだけでクリアになっていくです」


といわれた。こう直接言われたのは初めてである。私自身は、
社長の話を聞き、端的にまとめて、返答するのみ。ちょっと
紙に手書きで書いてあげて、こういうことですね、という。

背中を押してみたが、可能性が見えない場合はやはり押しき
れない。ここまで苦しいのは久しぶりだが、なんとか支援し
たい。気持ちや情熱では足りない、冷静な市況分析と方向性。
少しずつ見えてきた。

当然、私自身も事例と情報が整理される。話すだけでもクリ
アになる。お互いである。「話すだけで・・・」さて、話し
てみようか。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply