スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【過去の回想、人は神になる】

坂之上の雲より。


過去を回想するとき、人は神になる。このフレーズにビクっ
と来たのは、「わかっちゃいるけどつい言っちゃう」という
虚栄心ある人間の本質を付いている。以下は、坂の上の雲で、


「ロシアの大蔵大臣ウィッテは、日露戦争を予想した。その
敗戦も予想した、とウィッテ自身、その回顧録で語っている
が、そこまでは信じることができない。過ぎたことをふりか
えるとき、人間は神になりうる。こうなることを私だけは知
っていたのだ、と当時の渦中の当事者がいうほど愚劣なこと
はない。」

身に染みる文章であった。阪神大震災も中越大地震も、某研
究者で「私は予想していた」というモノがでてきた。しかし、
さすがに、今回の福岡沖地震は、でてこない。その後それは
と躍起になってか、政府の地震調査委員会は今日「今後30年
以内に、確率26%以上で、震度6弱以上の地震が起こる場所」
を発表してきた。なんだその確率は!?そこで、

長期確率について、報告書を見てみたが、対数正規分布、ガ
ンマ分布、ワイブル分布、指数分布などの確率統計モデルに、
過去の地震記録(平均隔年数など数値)を当てはめて、予測
するという方式だった。その確率分布のうち、最も、確から
しいと判断したものを採用しているが、その辺りは勉強不足
で根拠がよくわからない。

ただ、数値の出し方にある程度納得はできたものの、だから
どうしたらいいのさという具体的アクションに結びつかない。ま
た、たいした恐怖心も煽ることはできていない。

未来に向けて、結果的に過去となる処遇を予測して、あてよ
うとしていることに主眼を置くのは、それは、司馬遼太郎の
いう「愚劣」な行為に見えてならない。それに対して、数値
的な処理のいらない、感覚的な、言葉がある。「備えあれば
憂いなし」。地震対策、それでいいじゃない。


「人は過去を振り返ると神になる」すばらしいウィットである。
そういえば司馬遼太郎はこういう、揶揄には機知で返せと。





スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。