【営業の5つの基本】
カテゴリ: マーケティング/営業



昨日の日報で、ある方から久しぶりに熱い返信を戴いた。その
中にいくつかのルールが書かれていた。


1)元気な組織には、必ず、元気なリーダーがいる
2)元気の感染力とは非常に大きい
3)経営とは何か、営業とは何かを知らぬ人が
  名誉職で収まっている地域・組織は絶望的である
4)これからは、最近のMicrosoftのCMのように
 「社員力を経営力に」、元気な「経営力」ですね。


こんなメールを戴いた。ありがとうございます。いつも色々と
森林関係のことを教えてくださるパートナーだ。さて、経営力
とは、目標設定力とその目標から現実の引算を一つ一つ実行し
ていくこと持続力にあると思うが、その中での一つ営業力につ
いて。

営業力を高めるには、たくさん動いて、実践することがもっと
もな近道であり、会社はプロセスを求めないのであるから、結
果的には「自分」でルールを見出すしかない。まずは数である。
あたって砕ける。(プッシュ型を意味するのではない)

しかし。


それをやった上で、会社や自分にあったやり方が見つけるのだ
が、しかしながら、一番、営業力をつけることができるという
のは、以前も書いたが「客」を体験、疑似体験することである。
だから、SPU調査には意味がある。今日はその結果、得られ
たいくつかのポイントをまとめてみる。書きたいことはもっと
たくさんあるのだが、この5つを注意して動いくとよい。



~営業の5つの基本~

1)ニーズ(ウォンツ)を聞きだし、顧客の要望をきちんと
                   聞きだすこと

2)自社の強みを分かりやすく伝え、顧客の欲求とすりあわせ
       夢やワクワクや安心感を伝えること。

3)阻害要因を見つけ出し(探り出し)取り除いていくこと
  
4)ようするにこういうことですねと
    2~3の仮提案を、即時に、まとめ上げて伝えること

5)次のアクションの約束をすること
   (タイミングの模索)

これは多くの先輩からの過去のアドバイスや自分の客体験にも
よるルール。しかし、意外と当たり前のようだが出来ていない
ところが多い。もちろん、それ以前に外見や謙虚さなどの人間
性はあってのこと。動きましょう。
スポンサーサイト
編集 / 2007.09.30 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ