【1に粗利、2に営利、3に社会だ世のためだ】
カテゴリ: 理念と利益
私のポリシーである。

理念なき利益は犯罪であり
利益なき理念は寝言である


利益追求型には戦略に理念を
理念追求型には戦略に利益を
それがコンサルティングの信条。


最近は、
利益なき理念は寝言がホントに多い。



【1に粗利、2に営利、3に社会だ世のためだ】

表題の順番。これをすごく意識した一日だった。


これはご支援先の経営状態により優先順位は当然に異なる。私
は、全国一様に成長戦略のみ押し付けるような経営手法は好き
ではない。

「利益」と「理念」

先義後利(大丸の社是)の話は以前日報でも書いたが、あるとき
は先利後義でよいのである(もちろん基本の基本は世のため人の
ためが先であるが)。1に粗利、2に営利(営業利益)、3に社
会だ世のためだというのは、先利後義である。これも必須である。

このバランスを考え行動に落とすことこそ、そこに経営者手腕が
問われ、またそれに気づいていない人たちをサポートしたいと思っ
ている。利益に走ってから、あるところで落ち込んで初めて、理
念に気づいたり、理念ばかりに走り、経営難になり始めて利益に
気づいたり。どちらも色々な経営者がいて日々勉強になる。また
自分自身のバランス感覚も日々確認しながら動いている。

公共施設。

社会的な貢献、住民のため、そういう大義名分は間違えではな
いしすべて黒字であることが美学であるとも限らない世界もあ
る。いくらかの線引きだけし、社会的補助枠として提供し、そ
のなかで利益を出せば、雇用が確保されるという考えもある。

それが幸せと。世のため人のためと。

しかし、「粗利益」「営業利益」への意識が弱くなりすぎ、結
果世のため、人のため、住民のため、国民のためということも、
税金負担を増えさせてしまえば、理念も逆効果になる。


今日は、ひとつひとつの利益意識を高めるための、細かい数字
計算とともに、そもそもこの経営体の存在ゆえんの確認とともに、
反響率や損益分岐点などをギチギチだして確認し、その他の
経費削減についての討議や、それから、IT技術を使って(ふるい
表現だ)の新規集客方法のご提案をした(Sさんありがとうござ
います)。それからコンセプト重視の中での施設力強化の提案
などなどDM封入作業も手伝った。



いまは、1に粗利、2に営利、3に社会だ世のためだ


「いいね、古川くん、それやろう、いまから登録しよう。」


今まででは考えられないスピードだ。提案を自分の力で咀嚼し
て動いていただけることが一番嬉しい。動くことで見えてくる。
ネットエージェンシーへの新規プランの構築も急いだ。まだ
まだ動ける、動かなきゃ。現場のトップがやりたいことをサ
ポートする。それが我らの仕事。でも共に動くから楽しい。
今日も一日、ありがとうございます。

ホテルの「記念帳」やアンケートを見ると絶対にこのまま、な
くしたくないと思える嬉しい声ばかりだ。経営難は利益難。

自分の怠慢だけで、喜ぶ笑顔をなくすなと頑張りたい。

追伸

 先義後利
 先利後義 

いつまでどちらをどうやるか。これは経営側としてブレてはな
らない。そう思う。

スポンサーサイト
編集 / 2007.09.18 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ