【情熱経営フェスタ@パシフィコ横浜】
カテゴリ: 理念と利益


11時開場なのに、岡山からやってきたお客様はなんと8時半
にやってこられた。会場1時間前にも受付前に長蛇の列。

船井総研最大の感謝セミナー。「情熱」をテーマに5000人
の情熱が集まる。そして今日、台風9号が来ている中、パシフ
ィコ横浜の大ホールがほとんど埋まった。この会場の人たちを
みて、このイベントのすごさをあらためて知った。

第六経営支援部を中心に行われたが、私は、この文化祭的・体
育祭的なノリがとても好きだ。組織として、利益活動をするこ
との軸に対して利益にならぬこのようなイベントは不要である
と統括リーダーはおっしゃる。

しかし

こういったイベントを通して、社内外への認知を高め、また社
員の一体感を創出する。赤字だからすべてダメ、生産性がない
からすべてダメではない。これは体感とそのプロセスで納得で
きる。間接的に利益にもなろう。素晴らしかった。


      例 ホンダ
主力事業  自動車、バイク
補助事業  農機など
開発事業  新商品開発
刺激事業  F1

それぞれが連携しあっている。

企業は利益のみではないのは当然ながら、顧客のためとい
うのも、社員のためだけでもない。

しかしすべてにおいて、成長しお互いに共栄共存してハッピィ
になるためにも「意識」して「利益」と「利益外」の活動を行
うことの大切さ。

我社はイベント会社、広告会社でないにもかかわらずこの
運営マネジメント力にさすがのフェスタ実行委員会の凄み
があった。すごく感動した。

        特に、Iさんにはお世話になりました。
                ありがとうございました。
負けない情熱を持ち続けたい。


『本日の学び』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
「情熱経営フェスタ」より


◆衛藤信之(日本メンタルヘルス協会心理カウンセラー)
 
1)「一期一会 ①たった一回の出会いを大切に
          ②明日死ぬかも知れない、毎日が最期と考える」
 
2)元気がないから声が出せない?
  声が出せないから元気がない?

  →声を出していくから元気が出る (行動療法のひとつ)

3)心理学で「行動療法(行動することで病は治る)」とう
   ①という言い回し
   ②心理学という強みではなく、心理学でというとという強み
 
4)人生には「踊るヒト」と「見るヒト」がいる
   踊るヒトのほうが楽しいに決まっている!

5)幸せも退屈も、その差は、あなたが動くだけ(ちょっと加工)

6)モノづくりはモノを使うヒトへの喜び作り(電球磨きの事例)

7)ウサギと亀の 話への「揶揄&機知」
  ①だいたい軸の違うモノが競争なんてするな
   →価値観が違うものは競争してはならない 
  ②ウサギは寝ない
   →そもそもウサギは寝ない(比喩の限界)
  ③万が一寝てもだ、起こしてあげない亀もなんてやつだ笑
   →傲慢なヒトも助けてあげなさい。
  
    a)既存の物語も自分の価値観でパロディーに
    b)この伝え方とパフォーマンス(演技力)
    c)一貫したメッセージ(ヒトに感謝されるとは)


 「そんなの関係ねぇ(小島よしお)」を取り入れたのに
はかなり笑った。


8)実るほど頭を垂れる稲穂かな の 日本人の実際 
9)怒りと期待
10)夢だ!目標だ!と気負わない


その他ディズニーの話                など

(所感)
多くの色々な方の「死」に出会っている方であり、他のヒトには
なき原点があった。ヒトは生きる→死ぬ というプロセスの中で
何のためにいきるかというより、どうやって死ぬかを考えていら
っしゃるのだろうと。すなわち「ヒトに感謝されて死ぬこと」の
美学を教わった。


  
◆渡邊美樹(ワタミ社長)

1)そんなの戦略なんてないんです。
  マーケットがあるとか市場があるとかじゃないんです。
  ただ好きなことを事業にしているだけなんです。
  農業も介護も有機も。

2)それは、どうしたら喜んでくれるだろうか
     それだけを探し追い求めているのです。

3)総論賛成したら、各論も賛成し実行せよ
  「農業も、地球環境も、みんな一緒」

日本の農業はどうあるべきかってみんな同じ解答をもってるん
ですよ。農家さんもね。規模拡大、生産性向上!付加価値の創
造だってわかってるんです。でも、自分の話になれば、僕の土
地がどうこうとか、僕の代でいいとかうんうん、いいだす。
総論を賛成するのであれあば、
各論も賛成し行動へと繋げるべきです。


4)(最初はあったが)私は利益に対して、
      自分に対して、「欲」がなくなってきました。

(所感)
やはりヒトのため世の為も感謝されるという満足があってこそ。
自己顕示欲、虚栄心も美しくあればカッコイイ。そして、自分
の弱さにたくさん気づけた。やはり利益も上げて理念(テーマ)
も追求されていてほれた。やはり「夢に日付を」とあるように、
確実にいつまでに具体案を実行する。この繰り返しと、喜ばれ
る快感。これを忘れないで行きたい。でも本当に「農」が好き
なんだなってホール空気で感じた。

スポンサーサイト
編集 / 2007.09.06 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ